ほんとのいえ: スズケン一級建築士事務所/Suzuken Architectural Design Officeが手掛けた書斎です。

収納力抜群!生活に溶け込む本棚の家

Kanako.K Kanako.K
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

年間、本を何冊くらい読むのか気にしたことはありますか?人によって好き嫌いがあるかもしれません。しかし、本はジャンルの幅広い身近に楽しめる物の一つに思います。図書館で借りたり、新書や古書を買ったり様々だと思います。手元にあるお気に入りの本や、知識本などはどんどん部屋に溜まる一方、思い立ったときにすぐに手に届く場所にあってほしいですよね。そこで今回ご紹介したいのは、本好きな人にはたまらない1万5千冊の本がスッキリ収まる、本と暮らす家です。ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE スズケン一級建築士事務所が手掛けた本住宅は、既存の住まいを大量の本が収まる空間へとリノベーションしたもの。振り向けば必ず目に飛び込む本のある空間です。

1万5千冊の本が収まる空間

既存の住まいを大量本が収まる住空間へ。屋根を支えるように柱や梁のように本の構造体が空間を形成しています。ぎっしりと収まる本は、一見圧迫感ある空間ですが滑らかなカーブを付けたカウンターや造り付けのテーブルなど空間に柔らかを感じることができます。影ができやすく暗くなりがちな空間は一体化させることによって、淡い自然光の共有と通風の確保された本にとっても人にとっても快適な空間です。

ちょっとしたスペースにデスク

バランスよく設けられた多目的なデスク。わずかなスペースもちょっとした作業や調べものが可能なワークデスクに。既存の柱と本棚の余分な隙間もデスクにしてしまえば、機能的な空間に早変わり。重たい本を離れた机まで運ばなくったてすぐそばの机で読むことができるし、戻すのだって場所をわすれる心配もないですよね。

インテリアの一部に。

内部の空間を仕切るような配置で設けられた大容量の本棚。大量の本の背表紙が壁紙のデザインのように空間を明るく賑やかな雰囲気に。外部に面する壁面はシンプルに真っ白な壁とのコントラストもあってメリハリのあるスッキリとした印象に。沢山の本に囲まれても開口に向かって緑を臨むデスクは圧迫感を感じることはなさそうです。

シンプルな和室

沢山の本に囲まれた室とは一変、静かで控えめな雰囲気のある和室。外構の植栽が一段と際立たせるかのように内装は真新しい畳に真っ白な内装仕上げ。本と過ごす時間に疲れたときは、ちょっと一服、和室で休むのもいいかもしれません。場所を変えて、寝転びながら数冊持ってきた本を楽しむのもいいかもしれません。

集中力の高まる空間

空間の奥まった場所は少し閉塞感のある完全に本に囲まれた空間。ここはちょっと集中して読み込みたいとき、外部からの刺激を絶ちたいときにピッタリかもしれません。人によっては好みの環境が両極端な事もあります。この本に囲まれた空間を使うみんなが楽しめるような環境が整っているのかもしれません。皆さんは、面白かった本や刺激を貰った本など、読んだ後はどうしていますか?こうして手元に残しておける本の為の大容量の本棚空間があると、いずれ数年後に読み返すことができて、また違った発見ができるかもしれませんね。

本を大切に保管できる空間があると、読書意欲も湧いてきそうな空間ですよね!是非、コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!