外観: 空間建築-傳 一級建築士事務所が手掛けた狭小住宅です。

魅力的なシンプルモダンな家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

和の住まいというと、伝統的な木造住宅を思い浮かべる人がいるかもしれません。ですが現代的な住まいの空間に和を取り込み、モダンさと伝統を上手く融合させることができます。それは言い換えれば、現代建築と伝統建築の良さを組み合わせたものと言えるかもしれません。今回紹介するのも、そんな伝統とモダンさを兼ね備えた住まいです。それを手がけたのは空間建築-傳。建てられた家は心地良さを感じさせ気持の良い空間を備えたものとなっています。

モダンな大きな屋根

今回本住宅が建てられたのは近くに山々が迫る自然豊かな環境の場所。そんな場所に木造2階建ての家が建てられました。その外観は人目を引き、強い印象を感じさせるでしょう。何よりも最初に目に飛び込みのは大きな屋根。それはとても大きく2階部分を覆ってしまうほど。そんな大きな屋根と簡素な外観のため、シンプルでモダンな住まいであると感じられるでしょう。

空間的な体験を楽しめる和室

外観は感じさせるのはモダンな印象。ですが、家の中では和を感じさせるもの盛り込まれています。わかりやすいもので言えば、和室はその一つです。もちろん和室はただの伝統的な空間となっているわけではありません。畳が敷かれた場所で感じられるのはドラマティックな雰囲気。窓の大部分には壁がありますが、その下から光が射し込むようになっています。そのため壁が作り出す影と、射し込む光がコントラストを作り、印象的な空間を生み出すのです。そして特別な空間体験を感じさせてくれるのです。

縁側が生み出す屋内と屋外の繋がり

家の中心部にあるのはキッチン、ダイニング、リビングルームが集まるLDK。そこには庭に向かって大きな窓が設けられています。窓の外に広がるのは縁側空間。日本の伝統的な建築空間である縁側は、建物の外と中の中間にあり、屋内と屋外を繋げてくれます。そのため気軽に外の風を感じたり、家の中からでも外の人のしゃべることができるのです。何よりも素晴らしいのは屋外と屋内が隔てられておらず、家の中から外に広がる美しい風景を眺めることができること。そのためここでは、たっぷりと開放感を楽しむことができるのです。

明るく開放的なバスルーム

このような家のなかには特別なバスルームがあります。従来バスルームとなると外から見られないようにするため、小さな窓しかない閉塞的な空間となってしまいがちです。ですが、ここで考えられているのは開放感を感じさせる空間。バスルームは外から見えないように造られた中庭に面しています。そのため中庭に面して大きなガラス窓を設けることができ、そこに射し込む暖かな太陽の光を取り込むことができます。それだけでなく中庭の緑を楽しむこともできるのです。そのため閉塞感や圧迫感を感じることなく、一日の疲れをしっかり取ることができるでしょう。

暖かさを生み出す薪ストーブ

最期に紹介したいのは家の中に置かれた薪ストーブ。それは薪を燃やす炎で家の中を暖めてくれます。エアコンなどでも簡単に家を暖めることができますが、薪ストーブが醸し出す暖かな雰囲気を感じることはできません。ここでは暖かな雰囲気を楽しみながら、薪を燃やす炎の熱を感じることができるのです。こうした暖かさは住まいに心地良さを生み出し、現代と伝統を組み合わせた空間を素晴らしいものにしてくれるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!