homify 360°: 開放感のある楽しい家「囲まれていてものびのび暮らせる家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

住宅地に建つ家には様々な問題があります。例えば、隣家から家の中が見えやすくなり、プライバシーが守りにくいこと。そして家の間に余裕がないため圧迫感のある空間になってしまうこと。このような問題があると、遊び心を持たせた家を建てるのは簡単ではないでしょう。今回紹介したいのは住宅地でも遊び心を持たせた家。悠らり建築事務所は、心地良く創造的な空間を備えた家「囲まれていてものびのび暮らせる家」を実現させています。

住宅地に建つ家

敷地があるのは名古屋市の住宅地。そこにはひしめくように家が建ち並んでいます。本住宅の敷地も例外ではなく周りに家が迫っています。家の横に空き地が広がっていますが、将来的に家が建つことが考えられ、西側の道路を除いて、家が周りを取り囲むことになります。このような家に住むのはアウトドアが好きな4人家族。そんな家族が満足ができるような、楽しく過ごせ、開放感の得られる家が建てられることになりました。

プライバシーを守る家

今回建てられるのは木造2階建ての建物。それを遠く眺めるとシンプルなものに見えるでしょう。高台に上に建つのは黒色でまとめられた建物。家の2階には大きなデッキバルコニーが張り出しているのが見えます。1階にも同様に茶色の木で作られたバルコニーがあります。どちらもバルコニーの壁が目隠しの役割を果たし、建物内の様子を見せることはありません。このような外観からは家がプライバシーを考えて建てられたことがわかるでしょう。

明るく開放感のある内部空間

家の中に広がるのは暖かさを感じさせる空間。天井、床、作り付けの家具などが木で作られており、統一感を感じさせます。そんな空間を満たすのは暖かな太陽の光。特に2階には天窓が取り付けられた高い天井があり、空からの太陽の光が注ぎ込むようになっています。またプライバシーを守るため、高い位置に取り付けられた窓からも光が射し込みます。もちろん高い天井は、このような明るい空間に開放感を付け加えてくれるでしょう。

遊び心や開放感を感じさせる物見台

本住宅で大きな特徴となるのは家の随所に散りばめられた遊び心。2階は屋根裏が無く天井が高くなっています。そんな空間を活かすように子供たちが遊ぶことができるロフトが設けられています。そして家の横にあるのは、クライアントの希望で取り付けられた螺旋階段。それは建物屋上にある物見台へと続いています。物見台はデッキに手すりを取りつけたシンプルなもの。そこからは都市の眺めや星空を楽しむことができ、開放感を楽しむことができるでしょう。

開放感のある楽しい家

住宅地に立つ家は間近に隣家が迫るため、日当たりが悪くなったり、プライバシーを守りにくくなります。そんな家で楽しく過ごすことは難しいでしょう。ですが、ここでは周りを家に囲まれても物見台やロフトを設けて、生活を楽しくしてくれます。もちろん天窓や目隠しの壁で心地良い生活も可能になります。このような家では、アウトドア好きな家族は楽しく生活を送るれるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!