キッチンレイアウトまとめ集 | homify Japan
Pfayfer Fradina Designが手掛けたキッチン

キッチンレイアウトまとめ集

キッチンレイアウトまとめ集

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

キッチンレイアウト次第で調理のしやすさや収納能力も異なってくるため、その選択に苦慮する方も多いと思います。また最近では、キッチンとダイニング・リビングが一体となっているLDKのプランニングを取り入れる住まいも多いことから、それは家の中心のインテリアやプランニングに影響してくる非常に重要な要素の1つでもあります。そこで今回は、キッチンレイアウトの種類をまとめて紹介しながら、それぞれの特徴やメリットについて見ていきたいと思います。

ペニンシュラ型キッチン

キッチンレイアウトの中で近年人気の高い対面キッチンですが、そのタイプの1つとして「ペニンシュラ型キッチン」があります。「ペニンシュラ」とは、英語で「半島」を意味し、キッチンレイアウトとしてはアイランドキッチンの片側が壁に接しているタイプになります。対面キッチンの1つであることから、ダイニングやリビングにいる家族とのコミュニケーションの取りやすさであったり、開放的なLDKの空間とすることができる点が特徴として挙げられます。また、壁に接していることで、アイランドキッチンと比べると油などの飛び散りに対応しやすい点や豊富な換気扇の種類から好みのものを選べる点もメリットとなります。

アイランドキッチン

ペニンシュラ型キッチンと合わせて、対面キッチンの1つであるアイランドキッチンは、同様に家族団欒や広々としたLDKといった魅力に加えて、インテリアの1つの要素としてオシャレな印象を演出してくれるキッチンレイアウトでもあります。そうした印象を生み出すには、収納や掃除のしやすさなどがポイントとなるでしょう。ダイニングやリビングからキッチン台が丸見えとなるため、常にきれいに保てるような工夫を考えておきましょう。

U型キッチン

U字型、あるいはコの字型に3方向にキッチン台が並ぶU型キッチンの大きな特徴は、広々とした大きな作業スペースでしょう。コの字のカウンタートップが一続きであれば、よりゆったりと調理を楽しむことができます。大人数の食事を用意する家庭や、料理好きの方におすすめのキッチンレイアウトです。また、収納スペースも豊富に設けることができる点もメリットとなります。よりうまく使いこなすには、デッドスペースとなりやすいコーナー部分の使い方を工夫することがポイントとなります。

L型キッチン

L型キッチンのレイアウトの場合、他のキッチンレイアウトでありがちな体を180°反転させてコンロとシンクを行き来するのではなく、半分の90°だけ体の向きを動かすだけでその間を行き来することができるので、効率的な作業空間となります。また、冷蔵庫の位置によって、コンロとシンクと冷蔵庫が三角形で結ばれることになり、どの位置でもそれらに最短距離で届くような配置にしやすいタイプでもあります。

II型キッチン

II型キッチンの大きな特徴は、コンロとシンクが異なるキッチンカウンターに分けられることから、作業のしやすさに加えて広い作業スペースとなることから、複数で料理を楽しむ方でもスムーズにストレスなく作業のできるおすすめのキッチンレイアウトです。また、対面キッチンとすることができるII型キッチンでは、対面キッチンのデメリットとなるコンロでの油汚れなどの飛び散りも、こちらの一級建築士事務所HAUSが手掛けた住まいのように壁側にコンロを配置することによって対処することができます。

I型キッチン

I型キッチンは、コンパクトな台所としたい場合におすすめのキッチンレイアウトです。大きな作業スペースをI型キッチンで求めると、どうしてもキッチンカウンターの長さが伸びてしまい、その分移動距離も長くなってしまいます。一面の壁だけが必要となるだけなので、台所をコンパクトにして、その分他のスペースを広く使いたい方にはぴったりでしょう。キッチンレイアウトと同様に、キッチン台の素材も台所の使いやすさやデザインには非常に重要な要素となります。カウンタートップの素材については、「キッチン台の素材まとめ集」も参考にしてみて下さい。

あなたの住まいにぴったりのキッチンタイプはどれですか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!