homify 360°:個性的な外観と心地良い内部空間を持つ家「PATIO」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

住宅であっても個性を持つ印象的な外観の建物は少なくありません。それは独創的な外観で人目を引き付けるますが、中には内部空間を犠牲にしてしまうものもあります。もちろんそれでは家での生活に支障をきたしてしまうでしょう。そこで紹介したいのは外観も内部空間も印象的な心地良い家。矢板建築設計研究所が手がけた住宅「PATIO」では、印象的な空間を持つだけでなく、心地良い暮らしも可能にしています。

個性的な外観

本住宅が建てられたのは東京の住宅地の一角。建物はそんな住宅地では一際人目を引くでしょう。敷地にあるのは宙に浮かんで見える巨大な黒い箱。そこには何も取り付けられていません。そのため巨大なオブジェのようにさえ見えます。そんな家を囲むのはコンクリートの壁。こちらも何も取り付けられおらず黒い箱とグレーの壁でミニマルな雰囲気を生み出し、圧倒的で強い個性を感じさせるでしょう。

写真:新建築社

中庭を囲む家

外からは2階建ての家に見えますが、敷地内に入ると建物の構造がわかり、驚かされるかもしれません。建物は地上2階と地下1階の3階建となっており、広々とした空間が広がっている。建物の名前にはPATIOと付けられていますが、それはスペイン語で中庭を意味します。そんな名前の通り、ここにあるのは中庭。家は中庭を囲むように建てられています。このように外観からは全く想像できないような空間が広がっているのです。

写真:小川重雄

明るく美しい空間

地下にあるのは寝室やバスルームなどのプライベートの空間。1階には和室があります。そして2階には主な生活空間となるダイニングルーム、リビングルーム、そしてキッチンがあります。いずれの部屋も中庭に面しており、大きなガラス窓を設けています。そのため中庭まで部屋が広がっているように感じられ圧倒的な開放感を得ることができるのです。そんな空間はとても印象的に感じられるでしょう。忘れてはいけないのはリビングルームの明るさ。空に近いため多くの陽の光が射し込みます。そして明るく暖かな空間で家族の団らんや食事を楽しめるようになっているのです。

写真:小川重雄

プライバシーを守り開放感の得られる家

今回家を建てるにあたって、設計を依頼したクライアントから要望がありました。それは外から覗かれない開放的な空間にしてほしいというもの。その要望はここではしっかり応えられています。通り側に窓が無いため外から覗かれることがなく、プライバシーを保つことができます。そして同時に中庭を設けて多くの部屋に開放感を生み出しています。こうして本住宅ではクライアントの要望に応えた住まいの空間を提供しているのです。

写真:小川重雄

印象的な外観や内部空間を持つ家で心地良い生活を送る

プライバシーを保ち開放的な空間を持つ家では心地良い生活が可能となっています。それだけでなく内部空間を犠牲にしない個性的な外観も併せ持ちます。このように、ここでは印象的な外観や内部空間を持つ家で、プライバシーを守り、開放感を得ながら、心地良い生活を送ることができるのです。

写真:新建築社

設計:矢板久明、矢板直子

個性的な外観の家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!