N-house-磐田: LIC・山本建築設計事務所が手掛けた家です。

homify 360°: 家族の繋がりを感じられる家「N-house-磐田」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

日本では家族が一緒に多くの時間を過ごすことは簡単ではないかもしれません。両親は仕事をしていて帰宅が遅い。そして子供たちも学校や塾などで常に家にいられるとは限らない。だからこそ生活の場所となる家で家族の繋がりを求める人が多くなってきます。今回紹介したいのは山本建築設計事務所が手がけた家「N-house-磐田」。それは家族の気配が感じられる印象的な空間を持った家となっています。

オブジェのような印象的な外観

家が建てられたのは静岡県磐田市の住宅地。木造2階建ての建物は多くの家が建ち並ぶ場所で人目を引きます。白色にまとめられた建物は巨大なオブジェのように見えるかもしれません。1階正面部分にあるのは玄関の扉。2階部分には窪んだ空間があり、そこにはベランダや窓が見えます。それ以外に目立つものは無く、建物の外観が一層際立って見えます。このような家は特徴的な姿を持つため、強い個性を感じさせるでしょう。

スキップフロアが生み出す緩やかな空間の繋がり

建物内部の構造はスキップフロアが取り入れられています。それは建物を階で構成するのではなく層で組み合わせるもの。各層が階段状に重なって空間を作り上げています。ここで生み出されているのは各層の緩やかな繋がり。層が区切られることなく連なっているため、上層からの明かりが下層部分まで届き、明るい空間が生み出されているのです。

明るく暖かな空間

明るい空間を演出するのは光だけでありません。壁、天井、階段などが白色にまとめられており、家の中には白い空間が広がっています。そんな空間にアクセントを与えるのは、建物内に射し込む陽の光や木のフローリング。白色にまとめられた空間は時に冷たささえ感じさせますが、ここでは木の素材が暖かな雰囲気を加えています。そしてスキップフロアが生み出す暖かな光で建物内は満たされているのです。

家族の気配を感じさせる緩やかなに繋がる空間

このような明るく暖かな空間が生み出すのは家族の繋がり。建物はスキップフロアで構成されており、それは空間の緩やかな繋がりを作ります。例えば、中2階にあるフリースペースは他の全て空間と繋がっています。そのため家の中にいれば、家族の姿は見えなくても、物音などで気配を感じることができます。家にいれば、いつも家族の気配を感じることになり、家族の繋がりを意識できるのです。

明るく暖かな家族の繋がりを感じられる家

家は生活の場であり、家族と一緒に暮らす場となります。ですがそんな場所であっても全く顔を合わせないことさえあるでしょう。もちろん、それでは家族の繋がりなど感じられません。そこで本住宅ではスキップフロアを使って家族の気配を感じられるようにしています。それだけでなく明るく暖かな空間で心地良く暮すことも可能にしています。このような本住宅では、家族と一緒に素晴らしい生活を送ることができるのです。

家族の繋がりを感じる家について何か思うことはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!