homify 360°: 光や風を感じられる家「朝霞の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

住宅地に家を建てると厳しい問題に直面することがあるでしょう。例えば周りを家に囲まれてしまい、日が当たらなくなってしまうこと。そして家が隣り合うため、プライバシーを保ちにくいこと。ですが、こうした問題を諦める必要はありません。新井アトリエ一級建築士事務所が手がけたのは住宅でも心地よく暮らせる家。建てられた家「朝霞の家」では、プライバシーを守り、日の光を感じられる、心地良い空間が生み出されています。

住宅地に建つ家

家が建てられたのは埼玉県朝霧市にある住宅街の一角。家は他の建物に囲まれており、南側と東側には3階建てと2階建ての家が建っています。そのため光や風は遮られてしまい、同時にプライバシーを守る方法を考える必要がありました。それに大きな役割を果たしたのは建物の西側の空間。幸いなことに道路と空き地となっており、そこからの光や風は期待できます。そのため、このような立地を活かして家が建てられることになりました。

外からの視線を跳ね返す木の壁

木造2階建ての本住宅の西側には庭が設けられ、光や風が期待できるようになっています。建物はコの字型でそれを囲んでいます。このような建物を眺めると見えるのは、家の外壁と木の壁。そのため家の中の様子をうかがうことはできません。また木の壁で覆われた庭も同様に全く見ることができません。家と壁に囲われて中庭のようになっており、庭でも外からの視線を気にせずにくつろぐことができるのです。

建物内に広がる暖かな空間

建物内に広がるのは暖かい空間。壁や天井は白色になっており清潔感を感じさせます。そんな空間にアクセントを加えるのは木の床、柱、階段など。建物が白色でまとめられてしまうと、時に冷たささえ感じてしまうことがありますが、ここでそうなることはありません。木の床、柱、階段が白色の空間に暖かさをもたらし、心地良い空間を作り出しているのです。

開放感が得られるリビングルーム

建物の1階にあるのはリビングルームとダイニングルームが一体となった空間。それは食事や家族の団らんの場となり、住まいの中心的な場となります。それを演出するのは吹抜けと庭が生み出す開放感。吹抜けは高い天井をもたらして広がりを感じさせます。また庭に面して取り付けられた大きなガラス窓は庭の風景を取りこむことになります。そしてリビング・ダイニングは縦にも横にも広がりを感じさせ、圧倒的な開放感を生み出すでしょう。

光や風を感じさせる庭

庭が果たすのは開放感を感じさせることだけではありません。壁で囲われている庭だが、屋根が無いため光が射し込み、風が吹き込みます。それは庭だけでなく家の中でも感じることができるでしょう。リビング・ダイニングに設けられた大きな窓は、そんな光や風を家に取りことを可能にします。こうして本住宅では光や風を感じることができるのです。

住宅地で心地良い生活を可能にする家

住宅地には多くの家が寄り添うように建つため、プライバシーを守りにくく光も遮られることが多いでしょう。ですがここでは壁に覆われた庭を設けることで光を取りこみ、同時に外からの視線を跳ね返します。このような家では素晴らしい空間を生み出し、心地良い生活を可能にしてくれるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!