見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

今週のベスト5アイデアブック (11月14日)

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今週最も読まれた5本のアイデアブックを紹介します。どんな記事が多く読まれているかを知ると、多くの人が求めているデザインや建築がわかるかもしれません。是非今週のベスト5アイデアブックをチェックしてみて下さい!

1位、部屋をヴィンテージ風にするには、どのようにしたら良いですか?

本来の「ヴィンテージ」の意味はラテン語の“ぶどうを収穫する”という意味から、ワインにおいてぶどうの収穫から醸造を経て瓶詰めされるまでの工程を表す言葉です。現代ではファッションやインテリアなど、様々なシーンで幅広く使われる言葉になっていますが、いずれも「由緒ある、古くて価値のあるもの」の意味合いとして使用されています。今回は、そんな“由緒ある、古くて価値のあるもの”のように見える部屋作りの参考例をご紹介いたします。

2位、心地よさを感じさせるバリアフリーの家

誰もが健康な体で家に住めるわけではありません。怪我をして体の自由が利かない人がいます。また高齢になれば、家の中の段差は怪我をする原因となってしまうでしょう。そのため誰もが心地良く住める家はとても重要なのです。そこで紹介したいのは尾日向辰文建築設計事務所が手がけた家。それはバリアフリーを考えて建てられており、使う人に優しい住まいとなっています。

3位、どうしたら暖房費を節約できますか?

寒くなってきたこの季節、みなさんはどのように家の中を暖かく保っていますか?最近は家を建てる時、できるだけ電気に頼らず自然を使った暖房を望む方が増えてきたと聞きます。“地球にやさしく暮らす。”これからはやはりこのことが重要なテーマになってくるのでしょう。では、どんな方法で電気をできるだけ使わず暖房費を節約できるのでしょうか?

4位、土間が作る豊かな時の流れる住まい

本日紹介するのは、北海道札幌市に拠点を置き活動するTAC一級建築士事務所が手掛けた住宅「DOMA」です。印象的な外観と土間が作る特別な空間。自然の移ろいを目で、心で感じながら毎日を送ることができる住宅となっています。さっそく見ていきましょう。

5位、心と身体を癒してくれる心地よいリビングの作り方は?

みなさんは家のリビングルームでゆっくりくつろげますか?ストレスの多い毎日ですから時には身体と心を癒す時間と場所が必要です。リビングに少しだけ手を加えて100パーセントリラックスできる空間を作ってみましょう。では、どのようにして心地よいリビング空間が作れるのか、6つのアイデアをご紹介していきます

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!