最新のバスルームのトレンドって?

AYUMI SAITO AYUMI SAITO
Loading admin actions …

今までは、白を基調としたバスルームが一般的でしたが、バスルームのトレンドが変わりつつあります。他の部屋と同様、バスルームにもお洒落でこなれた空間が好まれるようになってきているのです。今回は、最新のバスルームのトレンドについてご紹介したいと思います

1. お洒落な照明

Vallone GmbHが手掛けた浴室
Vallone GmbH

Freistehende Badewanne MAGGIA by VALLONE®

Vallone GmbH

白色を基調としたバスルームからダークな色合いのバスルームがトレンドとなってきています。それに合わせて、照明も、明るくするだけのものから、デザイン性の高い照明が好まれるようになってきています。こちらは、バスタブを照らすように設置された吊るし照明が特徴的。バスルーム内を明るくする照明としての役割だけではなく、インテリアとしても欠かせない役割を果たしています。

Photography by VALLONE GmbH

2. ビンテージスタイル

ここ数年、ビンテージのインテリアの人気が高まってきています。そのトレンドは、リビングやダイニングだけではなく、バスルームにも及んできています。今は、バスルームも、使いこなされた感があり、時代を感じさせるようなビンテージスタイルの人気が高まっています。こちらのビンテージのバスルームは、シャビー感のある壁に、煉瓦でできたストーブを組み合わせた空間となっています。

3. インダストリアルスタイル

.8 HOUSE: .8 / TENHACHIが手掛けた浴室です。

ビンテージと肩を並べて人気が高まっているのが、インダストリアルなバスルームです。インダストリアルバスルームは、機能性を重視した、美しいデザインが特徴。神奈川県拠点の建築家.8 / TENHACHIが手掛けたこちらのインダストリアルなバスルームは、ダイニングルームへと続く空間に、箱型で設置されたものです。空間内は、全てシンプルな直線でデザインされており、機能美が美しいバスルームとなっています。洗面台周りにあえて収納を設けないのも今の流行スタイルです。

4. ブラックタイル

白色を基調としたバスルームから脱却した新しいトレンドのバスルームで、最も人気だ高いのがブラックタイルと言えるでしょう。ブラックタイルの持つ黒光りが、バスルームの中をモダンかつお洒落に仕上げてくれるのです。こちらのバスルームにも、全面にブラックタイルがあしらわれています。フロアーにはブラックタイルに合わせたシャビー感のあるグレーを採用。全体的に落ち着きのある、高級感のあるバスルームに仕上がっています。

5. 収納場所

バスルームの収納の仕方も変わりつつあります。今までは、洗面台の下に収納を設けるのが主流でした。今は、洗面台の下には収納を設けずスッキリとした空間にするのがトレンドです。UNICO DESIGN一級建築士事務所がデザインしたこちらのバスルームでも、この様式の洗面台が取り入れられています。洗面台の下は水道管のみで、収納は、手前の棚に設けました。洗面台の下がスッキリすると、空間が広々と感じられますね。

624PHOTO村田雄彦

6. フロアー素材

フロアーに使用される素材もトレンドが変わりつつあります。もともとは花崗岩が主流でしたが、今はクォーツ材が主流となりつつあります。耐久性も高く、そしてその自然な美しさが魅力です。こちらのバスルームは、クォーツ材を全面にあしらったモダンなバスルームの例です。自然なマーブル模様が美しいですね。

最新のバスルームトレンドはいかがでしたか?是非感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!