野田の家: MAG + 宮徹也建築計画が手掛けたです。

眺望の楽しめるスタイリッシュな住宅

JUTO JUTO
Loading admin actions …

普通っぽいのにどこかお洒落でオリジナリティ溢れる住まい、何がポイントなのでしょう?立地条件を最大限に生かしたその場所ならではの計画と、住み手のライフスタイルを表現したインテリアを含む住空間などがオリジナルな住まいづくりのポイントになりそうですね。こちらはMAG + 宮徹也建築計画が手がけた眺望が楽しめるスタイリッシュな住宅。2階に配置したLDKを中心に紹介します。

敷地環境を生かした住まいづくり

三叉路の角にある敷地の周辺は住宅が点在しながらもかなり開けた環境で、目の前は広場のため視界を遮るものはなく、かなり遠くまで見渡せる立地にあります。そんな敷地環境を生かして、眺望の楽しめる住宅が計画されました。

眺望を享受する建築計画

道路面より高い位置に配置した住宅は、 下階の軸を振ったり上階を張り出したりすることで浮遊したようなフォルムが印象的です。またグレーのサイディングの外壁と黒の窓枠が作り出すスタイリッシュな佇まいが人目を引きます。2階に配置した大きな開口は採光を確保しつつ眺望を提供してくれます。

シンプルなLDK

天井にやや勾配がかかった2階のLDK空間。外観とは印象が異なる白で統一していますが、同様にスタイリッシュな雰囲気が漂っています。ゾーニングはいたってシンプル。奥の壁伝いにキッチンを配置し、手前にダイニング、そしてリビングと続きます。

使いやすいキッチンの参考例

キッチンの床と壁はメンテナンスの楽なタイル張りにし、空間のアクセントにもなっています。一列に収めたキッチンはすっきりとした印象をもたらすと同時に使いやすさも一押しです。作業台として向かい側に収納付きのカウンターを設置。作業効率も上がりそうですね。

デザイン性の高い家具でお洒落度アップ

手前のダイニングエリアはナチュラルな木製のテーブルと様々な形の黒のチェアを組み合わせています。いずれもデザイン性の高いお洒落な家具でコーディネートしています。キッチンカウンターの延長上にはちょっとしたワークスペースを確保し、機能的なアイデアを加えています。オレンジの椅子がモノトーンの空間に映え、素敵ですよね。

開口の位置や大きさを考える

床面からちょっと上がったところまでの高さの開口が絶妙なプロポーションで空間を心地良いものに仕上げています。上部の突き出し窓によって換気も確保。2方向に渡って連続する開口からは遠くまで眺望が望める豊かな住空間が生まれました。ローファニチャーを組み合わせることで広々とした印象を受けます。

ガラスの間仕切りの効果

リビング横のガラス板で仕切られた空間はライブラリでしょうか。空間同士がガラス越しに緩やかに繋がりながらもお互いに領域を確保した真似したいアイデアです。造作で設えた収納によってすっきりとした空間に。リビングとダイニングキッチンの仕切りにはモダンなデザインの家具を採用。

カッコいい土間玄関

最後に玄関廻りを見てみましょう。木製の玄関ドアの周囲にはたっぷりとした明かり取りのガラスが嵌め込まれ、とても明るい空間になっています。土間空間を広めに確保し、自転車やアウトドア用品を置けるようにしてあります。小さいお子さんなら雨の日などここで遊べそうですね。壁面にはフラットに仕上げた収納をたくさん確保しています。「広い土間玄関のあるお洒落な家」、こちらも土間玄関が素敵な住宅なので是非ご覧下さい。

シンプルでお洒落なインテリアが作り出す住空間、みなさんどう思いましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!