洗練されたシンプルさ:北欧スタイルのインテリア

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

様々なデザインの面で優れた北欧は、その洗練されたインテリアデザインも知名度が高く、日本でも安定した人気を誇っています。緯度の高いヨーロッパの中でも更に北の方に位置するスカンジナビアの国々では、長く暗い冬を室内で快適に過ごすため、インテリアデザインも独自の進化を遂げてきました。シンプルさの中にあるナチュラルで温かい木のぬくもりや、楽しい色使いとその特徴は様々です。今回はそれらの特徴を取り上げ、北欧インテリアにするためのポイントをご紹介したいと思います。

洗練されたシンプルさ

優しい灯り、やわらかな色使い、洗練されたシンプルさ。どこをとっても素敵なリビングですね。北欧インテリアを演出するためにまず大切なのは、シンプルさ。ですから家具なども、装飾性の高いものより、シンプルで洗練されたデザインのものを心がけて取り入れると良いでしょう。

やわらかな光

美しいデンマーク家具とライティング: 株式会社 ヨゴホームズが手掛けたリビングです。
株式会社 ヨゴホームズ

美しいデンマーク家具とライティング

株式会社 ヨゴホームズ

北欧デザイナーの照明といえば、美しい曲線のフォルムが印象的なレ・クリントのランプシェードや、パイン材で造られた個性的なヤコブソンのシェードあたりが有名ですが、共通する特徴は柔らかく、暖かな光ですね。本格的なデンマーク住宅をオーダーメイドでお届けするハウジング会社、有限会社ヨゴホームズが設計を手掛けられたこちらのお宅は、陽当たり、風通し、プライバシーを全て確保した、暮らしやすそうなお家です。リビングには北欧家具が並んでいますが、その中でも注目したいのが、北欧を代表するルイスポールセンのランプシェード。洗練されたデザインが、シンプルな内装に馴染んでいます。このランプシェードはどの方向から見ても電球を直接見ることがないので、不快な眩しさがなく、やわらかな光を放ちます。

素材の温かみ

北欧スタイルの特徴はやはり、シンプルさとナチュラルさ。ですから素材も、プラスチックや金属に比べ木材などが多く、木の温かみや安らぎが求められます。光風舎1級建築士事務所が設計を手掛けたこちらの二世帯住宅は、「子育てを楽しめる家」がテーマ。木がふんだんに使われ、温かみのあるお住まいです。2階に繋がる梯子も、お子様に喜ばれそう。北欧の中でもどこかスウェーデンを思わせるお部屋ですが、そういえばスウェーデンの子供向けのお話は、みんな子供が生き生きとしていますね。レ・クリントのランプシェードも温かみを添えています。

遊び心溢れる色彩を

家具や室内をナチュラルな素材で揃え、ベースの色を白にしたら、差し色にはいろんな色を取り入れてみましょう。たくさんの窓から入る光が美しいこちらのマドリードのリビングは、前景に見える幾何学模様の絨毯がシンプルなお部屋のアクセントになっています。

デコレーション

alba najeraが手掛けたリビング
alba najera

CG 3D DISEÑO DE UN INTERIOR

alba najera

スカンジナビアのインテリアは基本的にシンプルなので、少し取り入れるくらいのデコレーションならなんでも合います。しかし、大きな面積を占めるような装飾の場合、統一感を出すことが重要なポイントになってきます。こちらのリビングには色々な絵が飾ってありますが、色あせたような色調と、額が同じタイプなことからまとまりがありますね。流木など、ナチュラルなものを飾っても、北欧スタイルに合います。

家具

家具は比較的大きな割合を占めるので、部屋のイメージを左右します。北欧スタイルの部屋を演出したい場合、シンプルかつ洗練されたデザインのものを選びましょう。こちらのお住まいの家具はビンテージものだそうで、時代を経た温かみが感じられます。デンマークのミッドセンチュリーのビンテージ家具などを取り入れると、「北欧らしさ」が一気に倍増するのでおすすめです。

北欧スタイルのインテリアのポイント、いかがでしたか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!