Interior-1: DOGが手掛けたリビングです。

明るく風通しの良い家「上飯田のピラミッド」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

日本の住宅で大きな問題になるのは明るさや風通し。住宅地に家を建てる場合、すぐ隣には隣家が迫ることが多くなります。それは時に陽の光を遮ったり、風の流れを断ち切ってしまいます。こうした日本の住宅事情について多くの建築家が取り組んでいます。そして住宅地でも光や風を感じられる家を可能にしています。今回紹介したいのは建築事務所DOGが手がけた家「上飯田のピラミッド」。それは心地良い暮らしが送れる特別な空間を実現しています。

旗竿地に建つ家

Exterior-1: DOGが手掛けた家です。
DOG

Exterior-1

DOG
DOG
DOG

家が建てられたのは宮城県仙台市の住宅地の一角。建物は旗竿地と呼ばれる土地に建てられています。それは道路から細い通路で繋がれた土地のことで、簡単に言ってしまえば、周囲を建物に囲まれた場所のこと。そのため普通の家を建てるのであれば、十分な光や風の流れを望むことができません。本住宅は心地良い生活が送りにくい場所に建てられることになり、風や光を得ることが第一に考えられました。

ピラミッド型の家

Exterior-2: DOGが手掛けた家です。
DOG

Exterior-2

DOG
DOG
DOG

建物の外観はその名前の通りのものになっています。モダンな外観は一般的な家が並ぶ場所では人目を引くでしょう。建物の構造は箱型を3層重ねたもの。それは上にいくにつれて大きさが小さくなっているため、形はピラミッドのように見えます。そんな建物には、1階の屋上、2階の屋上、3階の屋上といったように多くの屋上部分があり、日光浴やバーベキューなど様々な形で活用できるようになっています。

広々とした建物内部

Interior-1: DOGが手掛けたリビングです。
DOG

Interior-1

DOG
DOG
DOG

室内に広がるのは暖かな空間。壁や床、そして階段などに木が使われており、室内空間は明るい茶色に覆われています。その中心にあるのは、リビングルームとダイニングルーム、そしてキッチンが一体となった空間。それは壁で空間を区切っていないため広々としています。それだけでなくリビングルームの天井は2階の中間の高さとなっているため、縦にも横にも広々としています。このような空間では圧倒的な開放感を得ることができるでしょう。

光が射し込み、風が通り抜ける空間

Interior-2: DOGが手掛けたリビングです。
DOG

Interior-2

DOG
DOG
DOG

本住宅での最大の特徴は光や風が室内に届くこと。各階や各部屋は壁や天井で隔てられていない箇所が多くなっています。また吹き抜けからは、それを囲む2階部分が見えます。ピラミッド状の建物は2階部分が小さく、多くの窓が取り付けられています。そのため多くの窓がリビングルームに近くなり、十分な風や光を室内へともたらすことになるのです。そして壁などが少ない室内に行きわたることになります。たとえ1階の窓を閉めても、2階からの風や光は1階まで届くことになります。そして外からの視線を気にすることなく、光や風を感じることができるでしょう。

光や風を感じられる心地良い空間

Interior-3: DOGが手掛けたリビングです。
DOG

Interior-3

DOG
DOG
DOG

多くの家が集まる住宅地では建物が影を作り、風の通り道を遮ります。都市の家はこうした問題に向き合わなければいけません。本住宅で考えられたのは風や光を可能な限り多く取り入れ、それは建物全体に行きわたらせること。ピラミッド型で壁の少ない家では、光が射し込み、風が通り抜けることになります。このような明るく風通しの良い家では、たとえ周りを建物に囲まれても、心地よい生活を送ることができるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!