楽しい子供のベッドルームにするための6つのポイント

mami.k mami k
Loading admin actions …

大切な子供たちが眠るお部屋には、愛情を込めて楽しい工夫を凝らしたいですよね。想像力をはぐくみ、安心感を与える美しくて遊び心のあるベッドルームにするための、6つのポイントをご紹介いたします。

色を選ぶ

子供の過ごす部屋は、明るい色を選んで楽しい空間にしたいですね。 DWARFの設計によるこちらの住宅の子供部屋は、鮮やかな黄色の壁が、明るく幸せな気分になるような空間です。木材の腰板と組み合わせたことで、素材感のある温かい印象もプラスされています。子供のベッドルームはそう大きくないことが大半ですので、小さいお部屋ならではの遊び心のあるカラーリングが活きます。広めのお部屋なら、写真のように他の材質と組み合わせて、べた塗りで出てしまう圧迫感を抑えると良いかもしれません。たくさん遊ぶ明日を楽しみに眠れるような目にも楽しいお部屋にしましょう。

眠りたくなるような楽しいベッド

子供が眠るベッドに楽しい工夫を施しましょう。イギリスのこちら子供部屋には、車を模したベッドが置かれています。壁に掛けられたパネルと同じ世界観をこのベッドによって作り上げています。遊び盛りのお子様でも進んでベッドに入りたくなるようなデザインです。大好きなモチーフに包まれて眠れば、楽しい夢が見られそうですね。

肌触りの良い木材の床

こちらの子供部屋は床に木目がナチュラルな印象を与える木材のフローリングを使用しています。子供の足に触れる部分ですので、肌触りが良く温かみと安心感を与えてくれる木材は床の素材としてとても適しています。また、部屋のベースになる部分として、ベーシックな木材は可愛く楽しいデコレーションを難なく受け入れてくれますね。

想像力を掻き立てる照明

子供の寝室を照らす照明は、なにかイマジネーションを促すようなデザインだとベッドの中でもワクワクと楽しい気持ちになれますね。韓国に建てられたこちらの住宅の子供部屋は、天井が世界地図になっています。その世界に飛び上がるように、気球の形をしたダウンライトが設置されています。天井と照明の関係性を上手く使ったアイディアですね。この子供部屋から世界を夢見てくれるようにと言うような、親御さんと設計者の愛情を感じるお部屋です。

部屋を彩るデコレーション

床や壁、ファニチャーとなどのベースが整ったら、あとは思い切り子供が喜ぶデコレーションをして作り上げたい世界観を表現しましょう。柔らかいピンクの壁が可愛いこちらの子供部屋は、壁に掛けられたお花の形の照明や、壁と色調を合わせたフレームなど、部屋のイメージに合った女の子らしいデコレーションがいっぱいです。天井からつりさげられた天蓋も、お姫様のような気分を盛り上げてくれますね。

身体にやさしいお部屋に

可愛さや楽しさももちろん大切な要素ですが、子供が長い時間眠る場所として、それ以上に大切なことがあります。それは子供の未発達な身体を守る安全性です。こちらの住宅では、家自体が合板材を一切使わず、構造材から造作材、建具や家具に至るまで、無垢材で作られ、石油化学系材による害がないお家です。こちらのカントリー風の子供部屋ももちろんそのように造られ、身体に優しい環境となっています。子供が触れ、長い間過ごす場所だからこそ、素材の安全性には注意を払いたいですね。

愛情をいっぱい込めた子供部屋を作りましょう!コメントお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!