時と共に味わいが深まる家に自然を感じながら暮らす | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3644:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

時と共に味わいが深まる家に自然を感じながら暮らす

Michiko JUTO Michiko JUTO
ウッドテラスの家・WOOD TERRACE HOUSE モダンな 家 の 大坪和朗建築設計事務所 Kazuro Otsubo Architects モダン
Loading admin actions …

自然を感じながら暮らせる家っていいですよね。都市に住んでいると緑豊かな環境はなかなか手に入れることができません。またプライベートな庭を確保するのも一苦労。ご紹介するのは密集した都市部の住宅地に建てられた住宅。自然を取り入れたリラックスできる内外空間がとっても素敵なんです。手がけたのは建築家の大坪和朗氏です。

外観のアクセントとなった木の素材

典型的な住宅地にある敷地は両サイドに隣家が迫り、採光や風通しに配慮が必要です。思いきって建物を全面道路からセットバックした位置に配し、通りからの視線を遠ざけ、駐車スペースも設けています。通常ならこれで手一杯になってしまう都市部の外部空間ですが、この家は違うんです。ビンテージ感のある木の素材で囲ったプライベートな外部空間をしっかり確保しています。

自然がもたらす豊かな暮らし

内部空間と緩やかに繋がり、開放的で気持ちよく過ごせるテラスやベランダとして計画されました。経年変化の楽しめる天然素材のナチュラルなテイストは、モダンな白とグレー系の外壁にもよく映えますね。厳選された樹木の作る影が木塀に映り込んでいます。些細なことですが、心豊かにしてくれる演出ですね。そして階段を上がると玄関へと続きます。

都市部での外部空間の作り方

実はこのエントランス空間はデッキテラスと兼用。道路側からは数段高くなっているので視線も気になりません。都市に居ながらにして心地良い外部空間を確保する方法として是非参考にしてみてはいかがでしょう。エントランス部分に工夫を凝らした住宅として「いつまでも住み続けたいタイムレスな家」といった例もあります。是非ご覧になってください。

住性能も忘れずにクオリティを上げるデザイン

奥には暖かみのあるホワイト系で統一した玄関ホールが見えます。可愛らしい鎧戸は収納扉。居室との間は熱環境も考慮して扉を設けていますが、ガラス戸にすることで断絶することなくゆるやかに繋がります。欄間にもガラスを採用。

カラーコーディネートを考える

LDKがひとつにまとめられた間取りは動線的にも使いやすく、空間に広がりをもたらしてくれるのでオススメです。右手のブラインドのある開口はウッドデッキのテラスと内部空間を繋ぎます。開ければ外部と一体化する気持ちの良い空間に。建物の長辺方向は隣家が迫っているので、換気用の小さい開口のみを設置。スタイリッシュな黒い壁と対称的な天然素材の天井やウッドフロアがお互いを引き立てながら、オリジナリティあふれる生活空間を演出しています。

是非取り入れたい坪庭

リビングから反対側を見てみます。奥にはキッチン、そしてその横には坪庭を設置。プライバシーに配慮しながら光や風を取り入れるには中庭空間が有効なんです。しかも自然の姿を眺めたり感じたりすることもできるので、心豊かに暮らすにはぴったり。

求められる都市住宅の快適性

坪庭はこんな感じ。真っ白な空間にすることで狭くても広がりを感じさせ、光も反射するので十分効果的な光庭として機能します。綺麗なグリーンのヤマボウシが白い空間に映えますね。隣家との境界にはやはり木板を貼って、プライベートな外部空間としての位置づけを明確にしています。都市部での住宅環境は劣悪なものもあります。限られた条件の中でちょっとした工夫で快適性というものは十分向上させることができるんです。

日常生活を豊かにしてくれる装置

上階から見るとこんな感じ。日常生活の中で、ふとした視線の向こうにこんな眺めがあったら気分が上がりますよね。様々な居室がこの光庭から採光を取り入れています。

色々な空間のある住まいを楽しむ

1階はビンテージ感のあるダークなエレメントを組み合わせたデザインが特徴的でしたが、2階には白木をあしらったタタミスペースを配置しています。勾配のある天井が籠もり感のある静かな空間を作り出しています、余白のような白木の板の間があるだけでモダンな雰囲気が増し、琉球畳ともぴったりですね。

自然体で暮らせるような気持ちの良い住宅、いかがでしたか?是非意見をお寄せください。
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!