様々な印象を生み出す個性的な住まい

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家と言えば、様々なものが建てられます。ですが、その多くは他の家と見分けがつかないようなものが多いかもしれません。同じような素材や同じようなフォルムでは、そこに個性を感じることはできないでしょう。今回紹介したいのは強い個性を感じさせる住まい。建築事務所MAY COMPANY &ARCHITECTSが手がけた住宅では、他にはないオリジナリティを感じさせる外観、そして、その中に印象的な住空間を実現させています。

個性的な外観

今回本住宅が建てられたのは兵庫県の西宮市。家は山あいの高台にある敷地に建てられました。その外観は強く人目を引くでしょう。家は幾つかのキューブ状の建物から構成されています。建物の左側にあるのは白色の外壁の建物。右手側には茶色の外壁に丸い窓が取り付けられた建物があります。そして二つの建物に囲まれるのは濃い茶色の外壁の建物。その3つが並ぶように建てられており、一軒の家には見えないかもしれません。このような個性的な外観は建物の強い個性を感じさせて、その独自性を感じさせてくれるでしょう。

多様な種類の素材を使った空間

家の中に広がるのは印象的な空間。家を構成する各建物の外観がそれぞれ異なっていますが、家の中の壁はそれに合わせるかのように、それぞれ異なる素材が使われて、異なる印象を生み出しています。リビングルームに広がるのは濃い茶色の木材に覆われた空間。また明るい灰色の打放しコンクリートが広がっているところもあります。他にも白色にまとめられている壁もあり、家の中では様々な素材で作られた壁を見ることになるでしょう。そのため、飽きのこない個性的な空間となっているのです。

印象的なスキップフロア

こうした個性的な空間が広がる家の中には、特別な空間が生み出されています。それを作り出すのはスキップフロアと呼ばれる空間構成。普通であれば、家の中は1階と2階という形で区切られますが、ここでは中間の階が作られています。そのため各階が完全に隔てられてしまうことはありません。中間の階が各階を繋ぐように、家の中の空間は緩やかな繋がりを持たせます。そのため、ここでは閉塞感を感じにくく、心地良く住まいの空間を楽しむことができるのです。

特別な空間体験

本住宅には和室が設けられています。それがあるのは明るい茶色の外壁に丸い窓がある建物部分。その内部には畳が敷かれており、和の空間が生み出されています。このような空間を演出するのは外からも見ることができる丸い窓。それは室内に外の明るい光を取り込んでいます。ただし、それは明るさを取り込むだけではありません。敢えて小さく作られた窓は、和室の床の間部分で光を使ったオブジェのように見えるでしょう。そのため、ここでしか得られないような特別な空間体験ができるのです。

リゾートホテルのような住まい

今回、依頼主のご夫婦は毎日リゾートホテルに過ごすような体験ができる住まいを求めていました。そんな要望に応えるように本住宅では、特別な空間を作り出しています。また、ただ心地良いだけではなく、他には無いような個性を、住まいの外側に、そして内側にも生み出しています。このような住まいであれば、ただ住むのではなく、まるでリゾートホテルにいるように、特別な日常とを送ることができるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!