見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

狭い廊下を活用する方法は?

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

居室には含まれない廊下ですが、部屋と部屋をつなぐだけのスペースにしておくのはもったいないですね。いままで気にも留めなかった廊下スペースをもっと活用してみませんか?小さなスペースだからこそ素敵なアイデアで、家に来た人に“センスがいい!”と思わせてしまいましょう。では、具体的にどんなアイデアがあるのでしょうか?

1.デコレーション

中庭に面した廊下には細長い窓が設けられました。その窓に光を受けた美しいボトルが並んでいますが、まるで美術館の一角のように見えませんか?こちらの住宅は宮崎県を拠点に活動しているボーダレスドローが手掛けました。みなさんは趣味で集めたものや、大好きでたくさん持っているものはどこに飾っていますか?もし長い廊下が家にあったら奥行きのない棚などに好きなものを飾って自分らしさを表現してみてはいかがでしょうか?廊下はどちらかというと控えめな場所ですが、写真のようにもっと美しく活用してあげると家の中が一段と華やかになります。

2.ライティング

ROVTが手掛けた玄関&廊下&階段
ROVT

Suspension pop et moderne CCS

ROVT

こちらの写真はフランスから。インテリアを手掛けたのはROVT DESIGN。アーティスティックな世界がここに住んでいる人の個性を感じさせますね。ここで注目したいのは照明器具です。円筒を斜めに切ったような形がユニークでこの空間にぴったり調和しています。天井の高い廊下であればこのようにペンダントライトで少し遊びを入れてみるといいですね。そうすると、部屋と部屋をつなぐためだけの廊下が、色々な可能性を持っていることに気が付くはずです。

3.ワークスペース

廊下の一角に小さなワークスペースを設けたこちらの住宅は株式会社飯島洋省ANDHAND建築設計事務所が手掛けました。通路を主役にし、空間と空間がつながる立体的な内部を持つ家を魅力的に作り上げました。写真のような使い方を見ると、廊下の多様性を感じますね。壁に埋め込まれた収納棚と組み合わせることで一層使い勝手がよさそうです。静かに集中できるこのようなワークスペースに座っていると、きっとここが廊下だということを忘れてしまうに違いありません。
写真:堀内広治

4.コート掛け

unikat:labが手掛けた廊下 & 玄関
unikat:lab

miniszyk

unikat:lab

ピンクがポイントカラーのこちらの写真はポーランドから。モノトーンをベースに住空間をおしゃれにコーディネートしたのは、インテリアデザイナーのUNIKAT:LAB。廊下の小さなスペースでもインパクトのある色使いでセンスの良いコーディネートができる良い例ですね。白黒でまとめた空間は、間違えるとシャープになりすぎることがありますが、脚までピンクのベンチが程よい甘さを加えてバランスよくまとまっています。また、玄関近くの廊下に写真のようなベンチがあると、座るだけでなく物が置けたりとても便利です。

5.壁の活用

廊下の壁を活用するには、写真のような奥行きのない棚がおすすめです。額に入れた写真や表紙が気に入っている本などすべてここに飾ってしまいましょう。白くて味気なかった壁が一段と華やかになりますね。ここでは突き当りの壁を濃い色にすることで、廊下の奥行きをさらに強調しています。天井に付けた照明も右側に廊下が続いていることを暗示しています。自宅の廊下を利用して、自分だけのミニギャラリーを作ってみるのも楽しいですね。

6.花器

狭い廊下に華やかさを足したい場合、このような壁面に取り付けられるタイプの一輪挿しがおすすめです。足元にできるだけ物を置きたくない廊下も、こうして壁を使うことで空間を活用できます。ここでは印象的な花器がバランスよく飾られていますが、生けられた花がまるで計算しつくされたように存在感を見せつけていますね。目の高さに美しい花がある空間は、来客時にもおもてなしの気持ちを表現することができます。

狭い廊下を活用するアイデアは参考になりましたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!