見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

今週のベスト5アイデアブック (4月12日)

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今週最も読まれた5本のアイデアブックを紹介します。どんな記事が多く読まれているかを知ると、多くの人が求めているデザインや建築がわかるかもしれません。是非今週のベスト5アイデアブックをチェックしてみて下さい!

1位、House in Fukuchiyama 新しさと懐かしさが両立する家

生まれ育った土地に抱く愛着や郷愁は、個人の人格を形作るひとつの要素と言えるのではないでしょうか。京都府を拠点に活動する荒川建築設計事務所へ新築住宅の依頼をしたのは三人のお子さんを持つご夫婦でした。奥様が生まれ育ったのは京都府西部に位置する福知山市、そこに五人家族の新たな住処を建てることになったのです。生まれ育った土地と新しい建築。いったいどんな住宅になったのでしょうか。

記事はこちらをクリックしてください。

2位、住人と自然環境が響き合い、生きる歓びを感じられる家「緑山の家」

今回ご紹介するのは神奈川県を拠点に活動する栗原隆建築設計事務所です。彼らに寄せられたクライアントからの要望は「都市的な生活の中で、自然と共に生き、そして自然と向かい合って生活が出来るような住宅」というものでした。自然と共に生きる、自然と向かい合う。それは森の中にツリーハウスを建てれば良い、というような単純なことではありません。横浜市という都市部において栗原隆建築設計事務所はどのような住宅を建てたのでしょうか。

記事はこちらをクリックしてください。

3位、家の中にある庭が生み出す開放感「外の部屋のある処」

風や光を感じられる家では、心地良い生活を送ることができるだろう。そのためには家には多くの窓が必要となる。だが、それでは家の中の様子が丸見えになってしまう。開放感を得られる家ではプライバシーが犠牲となる。そんな難問と向き合ったのはg_FACTORY建築設計事務所。このような問題に応えて建てられた家では、風や光を感じながらも、プライバシーを守れるようになっている。

記事はこちらをクリックしてください。

4位、繋がりが生み出す心地良さ「T-House」

家と言えば、住むための場所であり、生活を送る場所となる。そんな家に求めるものは何だろうか。家族と過ごすための場所と答える人がいるだろう。そしてリラックスして過ごす場所と答える人もいるかもしれない。今回紹介したいのは「繋がる」場所として建てられた家。伊藤瑞貴建築設計事務所が手がけた家「T-House」では、繋がりによって素晴らしい生活が送れるようになっている。

記事はこちらをクリックしてください。

5位、間口4メートルの敷地に建つ住み心地の良い家「トンガリ屋根の家」

外観(北側、間口4m×奥行き25m): H建築スタジオが手掛けた家です。
H建築スタジオ

外観(北側、間口4m×奥行き25m)

H建築スタジオ

家を建てる際に、完璧な土地を見つけるのは簡単でないだろう。良く耳にするのは「狭小敷地」と呼ばれる非常に小さな土地や、「旗竿地」と呼ばれる周りを建物に囲まれた土地。そんな言葉が使われるように、家を建てるためには相応しくない土地も多くある。だが、そこに快適な家を建てることは不可能ではない。そこで紹介したのは「狭小敷地」のような特殊な土地に建てられた家。H建築スタジオは、特殊な土地に快適な生活を可能にする家「トンガリ屋根の家」を実現させている。

記事はこちらをクリックしてください。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!