外の部屋のある処: g_FACTORY 建築設計事務所が手掛けたです。

家の中にある庭が生み出す開放感「外の部屋のある処」

家の中にある庭が生み出す開放感「外の部屋のある処」

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

風や光を感じられる家では、心地良い生活を送ることができるでしょう。そのためには家には多くの窓が必要となります。ですが、それでは家の中の様子が丸見えになってしまうでしょう。開放感を得られる家ではプライバシーが犠牲となってしまうのです。そんな難問と向き合ったのはg_FACTORY建築設計事務所。このような問題に応えて建てられた家では、風や光を感じながらも、プライバシーを守れるようになっています。

将来の周辺環境を見据えた家

今回建てられたのは「外の部屋のある処」と名付けられた家。それは岐阜県の郊外の地に建てられました。田園に面した住宅地の一角に位置しており、秋には黄金色に染まった稲穂のパノラマを見ることができます。家は美しい環境に建てられていますが、今後の開発によって、それはいつまで続くかわかりません。そこで考えれたのは変わりゆく周辺環境への備え。今後のことを見据えて、周りに家が建ってもプライバシーが守れるような家として建てられたのでした。

プライバシーを意識した外観

美しい田園が広がる場所で、建物は少し目立って見えるでしょう。木造2階建ての家は箱型に3角の屋根が載ったシンプルな形をしています。屋根と外壁の大部分が同じ素材で覆われているため、大きなオブジェのように見えるかもしれません。そんな家を遠くから眺めると、見えるのは幾つかの窓。それは決して大きくないため、中の様子を窺うことができません。このような外観から、家が持つプライバシーへの意識を感じられるでしょう。

家の中にある庭「外の部屋」

家の入口を抜けると見えるのは土間の空間。そこは屋根があるにも関わらず、木が植えられた小さな庭があります。窓に見える部分は大きな開口部となっており、そこを風が通り抜けます。また屋根には天窓が取り付けられているため、庭に暖かな太陽の光が射し込んでいます。「外の部屋のある処」という家の名前の通り、この土間が果たすのは「外の部屋」の役割。家の中でもあり、外でもあるような曖昧な場所となっているのです。

屋外にいるような開放感が得られる室内

「外の部屋」の横にあるのはリビングルーム。その間にある引き戸を開けると空間は繋がり、1つの部屋のようになります。そのため、まるで家の中に小さな庭があるように見えるでしょう。こうした空間で感じられるのは開放感。庭だけでなく、家の中にも風が吹抜けていきます。そして天窓や開口部からは光が射し込み、室内にいるにも関わらず、外にいるような感覚を体験することになるでしょう。

心地良い生活とプライバシーを両立した家

風や光を感じられるような家にするには、家を必要以上に開放的にしなくてはいけません。ですが、それでは家の中の様子が外から丸見えになってしまうでしょう。本住宅では家の中に庭を作ることで、この問題を解決しています。家は外壁によってプライバシーを守られています。その一方で、「外の部屋」と家の間の境界が曖昧となっているため、そこに届く風や光を得ることができ、開放感を感じることができるのです。このような家では外からの視線を気にすることなく、心地良い生活を送ることができるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!