見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

半階ごとに変化する空間!住宅地に建つスキップフロアの狭小住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
十字路に建つスキップハウス: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた廊下 & 玄関です。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、半階ごとにゆるやかに階層がつながっていくスキップフロアの住まいです。住宅地に建つ狭小住宅ながらも、南西に開いた角地という利点を生かして、縦の階層の変化を楽しみながら家族のつながりも十分に感じられるモダンな住宅となっています。このプロジェクトを手掛けたのは、東京を拠点に活動する設計事務所アーキプレイスです。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

十字路に建つモダンな3階建て

十字路に建つスキップハウス: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた家です。
設計事務所アーキプレイス

十字路に建つスキップハウス

設計事務所アーキプレイス

住宅地の十字路に建つガルバリウムの外壁を持ったモダンな外観の住まい。密接する隣家や道路からのプライバシーを守りつつも、日当たりや風の通り道を確保する工夫がよく考えられた狭小住宅となっています。三角に切り取られた開口の部分は3階のバルコニーにあたるのですが、外観のアクセントにもなっています。また、1階の奥にはきちんとガレージも設けてられており、狭小住宅ながらもきちんと必要なものがそろっている作りとなっているようですね。

階の変化が楽しいスキップフロア

十字路に建つスキップハウス: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた廊下 & 玄関です。
設計事務所アーキプレイス

十字路に建つスキップハウス

設計事務所アーキプレイス

内部は半階ごとに階層がゆるやかにつながるスキップフロアの3階建ての構成となっています。こちらは玄関からLDKのキッチンまでの様子ですが、2階から階段は目透かしのシンプルで軽やかな作りとなっており、上に上がって行く空間的な広がりを感じさせてくれます。階段の先には2階LDKの広々としたキッチンと、その奥には洗面スペースが設けられています。階が上がるごとに変化が感じられると共に、住まいがゆるやかにつながり一体感があることを印象付けます。

吹き抜けのリビング

十字路に建つスキップハウス: 設計事務所アーキプレイスが手掛けたダイニングです。
設計事務所アーキプレイス

十字路に建つスキップハウス

設計事務所アーキプレイス

こちらは2階LDKのリビング方向を中心に見た様子です。南に面するリビング部分は吹き抜けとなっており、日中は高く設けられた開口から快適な自然光が降り注ぎます。白を基調とした空間に風合いの美しいフローリングが敷かれたシンプルでナチュラルなインテリア。明るくリラックスできる雰囲気です。またLDKの半階上の踊り場部分を利用して、棚やデスクを設置しパソコンなどが楽しめるワークスペースも設けられています。

移動だけでない階段の役割

十字路に建つスキップハウス: 設計事務所アーキプレイスが手掛けたリビングです。
設計事務所アーキプレイス

十字路に建つスキップハウス

設計事務所アーキプレイス

こちらは3階の子供部屋から吹き抜けのリビングを中心に見下ろした様子です。住まいの階段は、建物を縦につなぐ移動のための空間としてだけでなく、上階からの採光や他の階の気配を住まい全体に伝えたり、建物内の空気を循環させたりと、住宅としての多くの大切な役割を果たしています。家族もつながりを感じながら安心して暮らせていることでしょう。

明るい子供部屋

十字路に建つスキップハウス: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた子供部屋です。
設計事務所アーキプレイス

十字路に建つスキップハウス

設計事務所アーキプレイス

こちらは子供部屋の様子です。設けられた間仕切りの上部は透明となっており、3階のバルコニーの大きな開口からの明るさをこの部屋にも上手に取り込むことが出来ます。また間仕切りはこのように開放することで階段室とリビングの吹き抜けと空間的につながり、下の階の気配を感じることが出来るようになるので、子供達は安心して過ごすことが出来ます。リビングの吹き抜けには、危険防止のために高めの手すりを設けているのもポイントです。

守ってくれるようなバルコニー

十字路に建つスキップハウス: 設計事務所アーキプレイスが手掛けたテラス・ベランダです。
設計事務所アーキプレイス

十字路に建つスキップハウス

設計事務所アーキプレイス

三角に切り取られた開口が印象的な3階のバルコニーの様子。大部分は囲まれている空間なので雨が降っても濡れる心配がいらず、そして外に見えることなく洗濯物が堂々と干せるのでとても便利ですね。また外部の視線を気にせずにいられるので、半屋外空間として家族みんなでのんびりと過ごすことも出来そうです。三角の開口から空がのぞめ、明るい光が降り注ぎます。家族の生活を守ってくれているような雰囲気のバルコニーですね。

【スキップフロアや狭小住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

※ スキップフロアの知っておきたいメリット・デメリットまとめ 

※ 狭小住宅を建てる前に知っておきたい6つのこと

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

住宅地に建つスキップフロアのモダンな3階建てについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!