変形敷地だから出来た⁈離れの書斎がある住まい

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

変形敷地だから出来た⁈離れの書斎がある住まい

Kanako.K Kanako.K
Divide: 建築設計事務所SAI工房が手掛けたです。
Loading admin actions …

変形敷地はなんだか建物を建てづらいなど、ネガティブなイメージがありますよね。自由な平面プランが難しくなる変形地、どんな方法で快適な住空間を叶えることができるのでしょう。今回ご紹介するのは、変形敷地を巧みに活かした自然光を取り込む心地のいい住まいです。建築設計事務所SAI工房が手掛けたこちらの住まいは、変形敷地な上に旗竿地のように四方を住宅に囲われたロケーションにあります。それでいても自然光を取り込む快適な住空間をつくるのは、敷地の南面に大きな外部空間を確保したことで光や風が流れ込むおおらかな住まいとなりました。特殊な形状の敷地を活かし、ちょっぴり個性ある離れのような書斎も住人にとってお気に入りの場所となりました。

四方を囲われた不利な敷地?

敷地の形状はまるで人の胃袋のような変形地。ちょっぴり特殊な形状に加えて旗竿地でもあり、四方は近隣住宅に囲われた敷地に建つ本住宅はその胃袋の形を利用しながら南面に大きく中庭を設けた自然を感じる空間へ。ダークブルーの外壁に南に向かってダイナミックに開く開口が印象的な外観。くぼみのあるテラスは居間と書斎を繋ぐ通路にも。まるで独立した小さな書斎は大きな屋根で繋がり、特別な居場所にも思えます。

離れのように独立した書斎スペース

広さは約2.5畳のコンパクトな書斎。一旦、屋外へ出てアプローチする書斎は離れのような独立したスペースです。生活空間から分離された特別な居場所は作業や読書、趣味のことなど日常を忘れられる秘密基地のような空間になるのかもしれません。特殊な形状を活かしながら、デッドスペースも壁面収納へ。シンプルながら収納力のある落ち着ける居場所です。

1.5層のダイナミックな吹抜け

中庭面したリビング、ダイニング、キッチンスペースは1.5層の吹抜けのあるダイナミックで開放的な空間です。一面をガラスで覆ったような大きな開口は屋内外を一体的に感じられるような爽快感も。シンプルにホワイトベースカラーとナチュラルな木素材の質感で温かみのあるインテリアに。屋外の土間と連続した室内土間はまるで中庭との仕切りを無くした連続感をも感じることができます。

奥行を感じる住空間に

リビングスペースから見渡すと脇にはコンパクトな畳コーナーにテラスを挟んだ書斎など、奥行を感じられる住空間に。こじんまりとした畳コーナーですが、間接照明やデザイン障子を採用するなど、華やかで居心地のいいインテリアです。普段は間仕切戸をフルオープンにして一体的に、来客時には個室として使える機能的なスペースに。

デッドスペースを活用したワークデスク

コンクリート土間にある階段下スペースはワークデスクスペースとして活用。デッドスペースでありながら住空間の中心にも位置した階段はキッチンやダイニングスペースとも一体的なスペース。家事の為に使うデスクやお子さんの宿題を見たり、家族のパソコンスペースとしても賑やかで便利なスペースに。敷地の形状から生まれたちょっぴり特殊な平面プランも用途がキッチリ収まると、まるでそのために用意されたような空間にも思えますよね。

特殊な形がちょっぴり秘密基地のような住まいですよね!気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!