生活を彩る5脚の椅子

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

4月と言えば、学校への入学や、会社への入社の季節。新生活が始まるなかで、気分転換のために部屋の模様替えをする人が多いかもしれない。だが部屋の雰囲気を変えるのは簡単ではないだろう。そこでお勧めしたいのは、椅子で空間の印象を変えること。個性的な椅子であれば、部屋の印象を大きく変えることができる。今回はそんな雰囲気を変える5点の椅子を紹介したい。

金具を使わないシンプルな椅子「The Branching Chair 」

花岡徳秋設計事務所が手がけたのはシンプルな椅子「The Branching Chair 」。それは木の合板から作られており、金具は一切使われていない。普通であれば、脚や座面などは別パーツで作られ、それを組み合わせたものが椅子となる。だが、この椅子では合板が曲げられ、脚、座面、背もたれの形が生み出されている。椅子の名前が「枝分かれするイス」を意味している通り、1枚の板が枝分かれした形となっている。緩やかなカーブを描くそのシルエットは、部屋に優しくナチュラルな雰囲気を生み出してくれるだろう。

動物をモチーフにした可愛らしい椅子「bambi chair」、「 sheep chair」、「cow chair 」

bambi chair / sheep chair / cow chair: kamina&Cが手掛けた子供部屋です。
kamina&C

bambi chair / sheep chair / cow chair

kamina&C

デザインオフィス「KAMINA&C」は3種類のバリエーションのある椅子を手がけている。それは「bambi chair」、「 sheep chair」、「cow chair 」。その名前の通り、動物がモチーフになっており、鹿、羊、牛が椅子の形に取り込まれている。例えば、鹿をテーマとした「bambi chair」では、鹿の角風の背もたれがあり、座面のカバーには鹿の体のように茶色に白色の斑点が入っている。このように椅子はそれぞれの動物を小さな形にまとめたものとなっている。サイズも小さいので子供部屋にぴったりの椅子。部屋の印象に可愛らしさを与えてくれるに違いない。

シンプルで個性的な椅子「round stool」

山形県を拠点に活動する家具工房「trusty wood works」が手がけたのは美しいスツール。それは背もたれがなく、脚と座面だけのとてもシンプルなものとなっている。だが、たとえシンプルであっても、強い存在感を感じさせる。それを生み出すのは美しいフォルムと鮮やかな座面。丸型の座面部分には3色の牛革が張られている。水色、紫色、そして赤色のポップなカラーは強い個性を感じさせる。インテリアのバランスを崩さずに雰囲気を生み出すには、シンプルで個性のあるこの椅子はお勧めだ。

遊び心を感じさせる椅子「TRAVEL」

多くの家具を手がける「FURNITURE DESIGN AGRA」が生み出したのは、遊び心あふれる椅子。起毛したカバーに覆われ、全ての脚にはキャスターが付いており、動かすこともできる。そんな椅子のイメージとなるのは馬。そのため、またがって移動できるようになっている。「TRAVEL」という名前が付けられており、家の中にいても、まるで馬に乗って旅をするような気分にさせてくれる。こんな椅子があれば、生活の中でいつも遊び心を感じることができるだろう。

職人が作る本物の椅子「CREER PERSONAL CHAIR」

CREER PERSONAL CHAIR: PRIME DESIGN OFFICEが手掛けたリビングルームです。
PRIME DESIGN OFFICE

CREER PERSONAL CHAIR

PRIME DESIGN OFFICE

北海道の家具メーカー「匠工芸」が作るのは美しいフォルムの椅子とオットマンのセット。職人によって製作された椅子はシンプルな形をしている。オットマンは4本の脚に黒色の革が張られたもの。椅子は大きな背もたれに肘掛が取り付けられ、同じく黒色の革が張られている。黒色でまとめられて椅子とオットマンが感じさせるのは上質な雰囲気。部屋に深みを与えるのであれば、職人によって作られた本物の椅子は最適かもしれない。

紹介した椅子について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!