片付くキッチンで、お料理を楽しむ!

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

毎日が忙しいと家の整理整頓は大変ですね。特にキッチンは食事の支度などの作業をする場所ですから、その分物の出し入れの回数が多く、散らかりやすい場所です。でも煩雑としたキッチンでは作業がしにくくなり、必要な用具などが見つからないと、作業の効率も悪くなります。そうならないためには、それぞれの収納場所をあらかじめ決めておくのが良いでしょう。使いやすく片付いたキッチンでストレスなく、お料理を楽しみたいですね。

オーソドックスな食器棚

キッチンの家具と聞いてまず思いつくのは食器棚。収納力も抜群で、台所には欠かせません。一般的な食器棚は一部がガラスやすりガラスでできており、中に仕舞ってあるものが扉を開けなくても見えるようになっています。増田慎太郎一級建築士事務所が設計を手掛けたこちらのキッチンは、明るく広々としており、使いやすそうです。木がふんだんに使われ、システムキッチンにありがちな無機質さがありません。食器棚もシステムキッチンと同じ素材、スタイルで作られており、キッチン全体に統一感がありますね。食器の収納は、使う頻度や取り出しやすさを合わせて考えると、毎日の作業もスムーズに進むはずです。

引き出し式収納

次に便利なのが、引き出し。チェストタイプの家具もありますが、キッチンに備え付けられているものも多いですね。暖色で温かみのある、こちらのキッチンは窓からの景色もよく、外からの光も十分で、気分良く食事の支度ができそうです。オーブンの横に取り付けられている引き出しは、比較的小さいものですが、使い勝手が良さそうです。引き出しにはお箸やナイフ、フォークなど一部の食器類や、ラップ、アルミホイル、布巾などキッチンに必要なあれこれを片付けておけるので便利です。引き出しを開けると一目で収納してあるものが分かるのも便利です。

お皿の保管場所

引き出しタイプの収納は、お皿の保管場所としても便利です。引き出しだと、一目で中身が見渡せる上、前の物を先に取り出したりしたりという手間もないので、実は食器を収納するのには適しています。気をつけなければいけない点は、引き出しの開け閉めがスムーズにできるものである、ということでしょうか。例えばアンティークの引き出しですと、インテリアの雰囲気作りにはいいのですが、開閉がスムーズに行えず食器を仕舞うのには向きません。

シェルフ

chris+rubyが手掛けたキッチン
chris+ruby

Küchenregal Longboard Kirsche von chris+ruby

chris+ruby

小さなキッチンの場合は特に収納力が必要となってくるのですが、狭いとその分収納家具を置く場所も限られてきます。そんな時役立つのがシェルフ。こちらのウォールシェルフのようなタイプだと壁に直接取り付けられるので、その下の部分の場所をとらず、狭いキッチンには最適です。そこに食器を置いてもいいですし、オイルやお醤油などの調味料も置いて置けます。さらに棚の下部にはフックも装備してあり、キッチンバサミからフライパンまで吊るされています。このタイプのシェルフは見せる収納なので、展示するように収納するとお洒落なキッチンを演出できます。

グラスを飾る

エレガントスタイルキッチン: サンタ通商が手掛けたキッチンです。
サンタ通商

エレガントスタイルキッチン

サンタ通商

綺麗なグラスだと、食器棚に仕舞わず飾っておきたくなりますね。こちらのキッチンはブルグレーで爽やかなイメージですが、ガラス棚に展示されている色とりどりのグラスが、室内をさらに爽やかな雰囲気にしています。飾れるスペースがあれば、お気に入りのものはどんどん飾っていきましょう。

小さな収納、でも便利さ満点!

キッチンはスペースが限られている上、細々したものが多いのでなるべく収納機能を高めることが得策です。キッチンのリノベーションを考えられている方には、こちらのような、引き出し式の収納がオススメ。開けると全ての引き出しが出てくる仕様になっており、元来の引き出しよりさらに見やすくなっています。

「片付くキッチンで、お料理を楽しむ!」はいかがでしたか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!