都会的かつ家庭的な「松原の家」

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

モダンでスタイリッシュ、クールで都会的なスタイルと温かみのある家庭的な住空間は相容れないものでしょうか。U建築設計室によるこちらの住宅は、一見相反するその二つを要素を見事に調和させました。さっそく見ていきましょう!

外観

アプローチ夕景|松原の家: U建築設計室が手掛けた家です。
U建築設計室

アプローチ夕景|松原の家

U建築設計室

敷地は都心へのアクセスも良い、成熟した住宅地にあります。RC造外断熱でコンクリートの外観がモダンでクールな表情です。ライトアップされる夜間はメタルのルーバーから室内の光が星のようにこぼれ、とてもロマンチックで印象的な佇まいへと変化します。ガレージからエントランスへと温かい照明に導かれるように進みます。

住宅全体像

外観|松原の家: U建築設計室が手掛けた家です。
U建築設計室

外観|松原の家

U建築設計室

こちらが住宅全体像です。敷地は都市の宅地に多くみられる細長い形状で、左右に隣家が迫っていますが建物前面に2台分のガレージを確保、奥行きの深いレイアウトとなっています。屋根まで垂直に伸びたルーバーは外観に縦方向への伸びを与え、室内にはプライバシーを守りつつ自然光を届けます。正面ファサードはやや閉じられた印象ですが、エントランスゲートに抜けを残すことで軽やかさを加えました。

スキップフロアと中庭

ダイニングよりリビングを望む|松原の家: U建築設計室が手掛けたリビングです。
U建築設計室

ダイニングよりリビングを望む|松原の家

U建築設計室

内部はシンプルなプランで、スキップフロアが各エリアを繋いでいく構成となっています。また内部にガラス張りの中庭を配置して、人口密度の高い都心では得ることが難しい開放感と、閉じられた印象だった外観とは反対に十分な採光を確保しました。中庭を挟んでスキップフロアでつながったリビングとダイニングは離れていますが、中庭の壁がガラスの為、お互いの姿や気配をいつも感じることができます。階段も蹴り込みの無い軽やかでモダンなデザインとすることで上階からの光を階下へ届けます。

インテリア

ダイニング|松原の家: U建築設計室が手掛けたダイニングです。
U建築設計室

ダイニング|松原の家

U建築設計室

インテリアは外壁と共通するコンクリート、石材の床、木材の家具など様々な素材が取り入れられています。全体的には都会的な洗練された雰囲気ながら、同時に家庭的な温かみと居心地の良さも感じさせます。コンクリートを使ってみたいけれど冷たい印象になってしまいそう… と不安な方はこうして木材と合わせたり、中間色のテキスタイルと組み合わせれば温かく穏やかなインテリアを作ることができますよ。

バスルーム

洗面・浴室|松原の家: U建築設計室が手掛けた浴室です。
U建築設計室

洗面・浴室|松原の家

U建築設計室

バスルームはコンパクトですが浴室と洗面所の仕切りをガラスの壁に、また洗面台前に大きな横長の鏡を設置することで広々とした印象に。窓はルーバーで守られており安心です。柔らかい中間色でまとめられた空間ですが、壁の一面を艶のあるモザイクタイルで装飾することで一気に雰囲気が華やかに。タイルには様々な色が使用されていますが、全体のトーンは統一させることがエレガンスを維持する秘訣です。

書斎

スキップフロア|松原の家: U建築設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。
U建築設計室

スキップフロア|松原の家

U建築設計室

リビングの一部をせり出すように設けられたのがこちらの書斎です。リビングに隣接しているのでソファで寛ぐ家族とはもちろん、ダイニングにいる誰かともコミュニケーションが可能です。しかしスキップフロアによってレベル差があるため、仕事に勉強に集中することができます。お子さんの勉強場所としても使われているとか。

都会的かつ温かみのある住宅、いかがでしたか?ぜひあなたの感想を教えて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!