谷原新田の家: TAMAI ATELIERが手掛けた家です。

いつまでも住み続けたいタイムレスな家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

郊外ののんびりとした住宅街に建つモダンな平屋建ての住宅を紹介します。ゆったりとした庭に落ち着いた佇まいのこの住宅は、東京に拠点を置くTAMAI ATELIERが手がけたもので、異素材やデザインがミックスした空間なのになぜか落ち着く、そしてずっと住み続けたくなるような家なんです。さっそく詳しく見ていきましょう。

広い庭に映える平屋の佇まい

敷地の隣はのどかな田んぼが広がる恵まれた立地に建てられたこの住宅は、ゆったりとした大きな庭と内部空間を繋ぐテラスが印象的。微妙に高さの異なる屋根が重なりあった外観が、単純になりがちな平屋建てに変化をもたらしています。「風景に馴染む平屋建ての家」も参考にどうぞ。

ゆったりとした玄関ポーチ

ゆったりとした広さの玄関アプローチとポーチ。地面より少しずつ段を上がりながら住居へと導かれる途中に、可愛らしいベンチを置いたポケットパークのような半パブリック的な空間を設けています。近所の人たちとの交流の場にもなりそうです。木板張りで仕上げた深い軒が暑い日には日影を作り、雨の日は濡れることなく玄関を開け閉めできるのが嬉しいですよね。外塀も外壁と同様にオフホワイトのような優しい色合いで統一、周囲にもすっと馴染みます。

大きな開口が作り出す開放的な玄関

玄関を入ると様々な木の素材を使った異なるエレメントが出迎えてくれます。質感のある三和土に飴色のフローリングが味わいのある落ち着いた空間を演出。右手には大きな開口を設け、玄関を明るさと抜け感をもたらしています。白木で設えたベンチは靴を履いたり脱いだりするのにも、ちょっと荷物を置くのにも大変便利ですね。そして左手は収納でしょうか、落ちついたブラウンの木で造作したエレメントが瀟洒な雰囲気を醸し出しています。たっぷりとした飾り棚には照明を設け、夜間の光の演出も楽しめそうですね。

ミックスしたデザインがカッコいいインテリア

リビングとダイニングがひと続きになっています。右手はキッチンでしょうか?和モダンな雰囲気を持った住宅ですが、ガラスのテーブルやブラックレザ—の椅子などを組み合わせることでクールなテイストを添えているところがお洒落ですよね。中庭にも緑の葉が美しい樹木を植え、常に自然を感じながら生活できる住まいです。採光や換気も十分確保できる両サイドに設けた大きめの開口は空間に奥行きも生み出します。

お洒落な薪ストーブを是非取り入れよう

存在感のある薪ストーブがお洒落なリビング。最低限の周囲のみ不燃材料で仕上げ、アクセントにもなっています。何気なく置かれた家具や用具が絵になるセンスの良さは是非参考にしたいですね。

家全体に設けた庭と繋がるテラス

広い庭を存分に堪能できる 雁行型に繋がるテラスはウッド仕上げ。木張りの軒天とも調和する気持ちの良い外部空間です。

空間の仕切り方

こちらはスタディコーナーでしょうか、立ち壁によって両空間を程よく仕切りつつ、繫がりを持たせています。あるのとないのでは大分印象の違う壁の厚みを利用した棚も参考になりそうなアイデアですよね。このおうち、全般的にダウンライトを取り入れて空間に溶け込むようなデザインを採用しています。そうすることで置かれた家具も引き立ちますよね。あまり見たくない空調も埋め込むことですっきりさせています。

光のデザインを考える

和室もダウンライトで統一。イレギュラーな割り付けの天井の廻りに設置した間接照明が生み出す微妙なズレが素敵ですよね。障子を介して室内を柔らかい光が包み込みます。さらに優しい色合いの壁と板の間が空間に奥行きをもたらしています。

住み心地の良いタイムレスな家

平屋建てならではの安定感ある佇まいです。これだけゆったりとしているとテラスで過ごす時間も楽しいですよね。天然の素材やデザイン性の強い家具などを程よくミックスさせたこの家は、どんなライフスタイルにも順応してくれそうな寛容さを兼ね備えている気がします。タイムレスなのに経年変化の楽しめそうなデザイン、是非参考にしてくださいね。

ゆっくりと時間が流れるような味わいのある家、いかがでしたか?是非感想を聞かせてくださいね。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!