五月丘の楽しい家!

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

林泰介建築研究事務所に寄せられたクライアントからの要望は「開放的な家」「楽しい家」「木々に囲まれた家」でした。敷地は勾配のある地形で南側隣地より高くなっており、建築家はこの起伏のある土地を見たときからあまり敷地はさわらないでそのまま使いたいと考えたそう。そして浮かんだのは次のようなイメージ。「敷地奥に四角い小屋が建ちました。離れたところに小さな四角い小屋が建ちました。それらを結ぶ通路が出来ました。その上に大きな屋根をかけてそこをみんなの場所にしました」一体どんな住宅になったのでしょうか。

外観

五月丘の家 - House of Satukigaoka: 林泰介建築研究所が手掛けた家です。
林泰介建築研究所

五月丘の家 – House of Satukigaoka

林泰介建築研究所

予算を考え構造は木造二階建て、カーテンウォール(建物の荷重を直接負担しない壁)は既成サイズの住宅サッシで作られています。仕上げ材で覆わない”現し”の構造柱とサッシは、真っ白でつるんとした一枚壁のファサードとは一線を画す、この家が持つ独特の個性を表現しています。起伏のある敷地に沿って植えられた木々は元々そこにあったかのように住宅を緑で覆い、季節毎に豊かな彩りを添えてくれることでしょう。道路を挟んだ向かい側には緑が生い茂った図書館があり借景にも恵まれています。

内部空間は楽しさいっぱい

五月丘の家 - House of Satukigaoka: 林泰介建築研究所が手掛けた子供部屋です。
林泰介建築研究所

五月丘の家 – House of Satukigaoka

林泰介建築研究所

一階の個室は子供部屋が二室と寝室、和室と収納を配置しています。秘密基地をイメージして作られたという子供部屋は収納付きの造作ベッド、梯子を上った先には天窓があり直接2階のバルコニーへ出ることができます。この仕様には子供だけでなく大人もわくわくしてしまいそう。

「楽しさ」を生み出すスキップフロア

五月丘の家 - House of Satukigaoka: 林泰介建築研究所が手掛けた和室です。
林泰介建築研究所

五月丘の家 – House of Satukigaoka

林泰介建築研究所

フロアはそれぞれ高さが違うのでそのまま二階の床高さに反映しスキップフロアとなりました。必然から生まれた構造かもしれませんが、それがこの家にさらに「楽しさ」をプラスしています。

暖かさを感じさせる空間

五月丘の家 - House of Satukigaoka: 林泰介建築研究所が手掛けたリビングです。
林泰介建築研究所

五月丘の家 – House of Satukigaoka

林泰介建築研究所

「シンプルな中に複雑な構成を入れることが面白いと思いましたので、断面は複雑です」と建築家は言います。ナチュラルな木目が温かみがあり手触りも良い柱は、植栽の木々と一体化することを考えながら配されました。

至る所にある「楽しさ」

五月丘の家 - House of Satukigaoka: 林泰介建築研究所が手掛けたダイニングです。
林泰介建築研究所

五月丘の家 – House of Satukigaoka

林泰介建築研究所

ダイニングから梯子でロフトに上るとそこから屋根に出ることができます。建築家の「家のすべてを使うことを考えた」という言葉通り屋根にも水栓が設置されており、夏には水遊びをしたり、屋根に水をまくことで住宅全体のクールダウンにもなります。こちらの住宅において屋根は究極に開放的なもう一つの部屋なのです。

開放的なバスルーム

五月丘の家 - House of Satukigaoka: 林泰介建築研究所が手掛けた浴室です。
林泰介建築研究所

五月丘の家 – House of Satukigaoka

林泰介建築研究所

ガラス張りで開放的なバスルームは明るく光と清潔感に溢れています。ボックス状のこの浴室の上はトレーニングルームとなっており、自宅にいながら各種のエクササイズが可能。汗をたっぷりかいてもすぐシャワーを浴びることができますね。

楽しさはクリエイティビティを育む

五月丘の家 - House of Satukigaoka: 林泰介建築研究所が手掛けた家です。
林泰介建築研究所

五月丘の家 – House of Satukigaoka

林泰介建築研究所

勾配のある敷地をそのまま生かし上から下、下から上そして屋根へと探検するように遊ぶことが出来る、とても楽しく開放的な家が出来上がりました。好奇心や冒険心を刺激する家は想像力を育て新しい遊びを生み出し、ゲームやインターネットに頼らない”楽しさ”を自分たちで創造できるクリエイティビティを育む家と言えるのではないでしょうか。

このアイデアブッックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!