繋がりを生み出す美しい空間「青戸の住宅」
青戸の住宅: ハイランドデザイン一級建築士事務所が手掛けた玄関/廊下/階段です。

繋がりを生み出す美しい空間「青戸の住宅」

繋がりを生み出す美しい空間「青戸の住宅」

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

都会と言えば土地の価格が高いため、小さな土地に高さのある建物を建てることが多いでしょう。もちろん住宅であっても同じで、3階建てや4階建てといった階数のある家が多く建てられています。そのため平屋や2階建ての家とは大きく違ったものとなるでしょう。今回紹介したいのはハイランドデザイン一級建築士事務所が手がけた「青戸の住宅」。美しい空間の広がる家は、高さのある建物にありがちな問題に取り組んでおり、それを解決した素晴らしいものとなっています。

都心部に建つ家

本住宅が建てられたのは東京の都心部。周りには多くの家が建ち並び、目の前には幹線道路が走っています。このような典型的な都心の一角に家は建てられました。鉄筋コンクリート造の建物を覆うのは黒色の外壁。箱型の形は、まるでビルのような印象を与えるでしょう。ですが黒色の壁に不規則に配置された大きさの異なる窓が、この建物が他のものとは違う特別なものであることを感じさせてくれます。

展望台や庭の役割を果たすルーフテラス

黒色でミニマルな外観とは対照的に、建物の中には白色にまとめられた明るい空間が広がっています。建物の中心にあるのは小さな吹抜け。その周りを取り囲むように各部屋が配置されています。屋上にあるのは屋根部分を利用可能にしたルーフテラス。それは周りに広がる都市の風景を眺める絶好の展望台となっています。またそれだけでなく、建物に囲まれた住宅に貴重な屋外空間を生み出しているのです。

各階を緩やかに繋ぐスキップフロア

このような家で最大の特徴となるのは、吹き抜けを囲む階段と部屋の配置。スキップフロアと呼ばれる空間構成が利用されており、フロアの高さを半分ずつずらして階層が積み上げられています。2階から見えるのは、2階半と1階半の空間。住空間はやや複雑になりますが、全体が緩やかな繋がりを持ち、そこには特別な空間が生み出されているのです。

繋がりを持つ空間

スキップフロアの重要な役割は繋がりを生み出すこと。普通であれば各階に分断されがちな空間は繋がりを持ちます。例えば、天窓や上層階の明かりが、下へともたらされ、下層階であっても暗くなることはありません。また空間的な繋がりは広さを感じさせ、決して大きくない家であっても圧迫感を感じさせないでしょう。何より家族が別々のフロアにいても気配などを感じることができます。そのため家族の繋がりを意識することもできるのです。

明るく、広がりのある家で、家族の繋がりを感じる

都市に建てられる家は3階建てや4階建てといった高さのある建物になることが多くなります。ですが、その弊害として各階が分断されて、空間や、光、そして家族の繋がりが断ち切られることがあります。本住宅はスキップフロアや吹き抜けを通じて、それを分断することなく繋げています。そのため、明るく、広がりのある家で、家族の繋がりを感じることができるのです。このような家では、たとえ都市にある階数のある建物であっても、心地良い暮らしを送ることができるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!