見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

心地よさを感じさせるバリアフリーの家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

誰もが健康な体で家に住めるわけではありません。怪我をして体の自由が利かない人がいます。また高齢になれば、家の中の段差は怪我をする原因となってしまうでしょう。そのため誰もが心地良く住める家はとても重要なのです。そこで紹介したいのは尾日向辰文建築設計事務所が手がけた家。それはバリアフリーを考えて建てられており、使う人に優しい住まいとなっています。

大きな屋根が印象的な外観

今回家が建てられたのは長野県の安曇野市。のどかな田園風景が広がる中に本住宅は建てられました。家は平屋建ての建物。その外観は印象的なものとなっています。家は幅広のフォルムをしており、それを大きな屋根が覆っています。屋根は片側が高く、反対側が低くなった片流れ屋根。建物そのものはシンプルなものとなっており周りの風景を乱すことはありません。ですが、印象的な屋根は建物にアクセントを生み出して、住まいの個性を感じさせてくれるでしょう。

車への移動がスムーズにできる構造

このような建物の外観で大きな特徴となっているのは駐車スペース。屋根は家とその横に築かれた外壁を覆っています。そのため外壁と家の間にアーチ状の空間が生まれ、そこに車を停めることができます。こうした屋根の下の駐車スペースに車を停めれば、直ぐに玄関に向かうことができます。もちろん、そこで雨に降られることはありません。依頼者のご家族に車椅子を使う人がいますが、バリアフリーを考えられた建物の構造のため、家と車の間の移動が楽にできるようになっているのです。

暖かな室内空間

家の中で感じられるのは暖かな雰囲気。白色にまとめられた壁が広がり明るい空間を演出しています。それにアクセントを加えるのは茶色の木のフローリング。キッチンの棚なども木で作られており、自然素材の木が暖かな印象を生み出しています。ですが家の中で暖かさを感じさせるのはそれだけではありません。家の中心部には薪を燃やす炎の熱で家を暖める薪ストーブが置かれています。そのため、ここでは真冬であっても暖かな住まいの空間で生活を送ることができるのです。

移動を楽にするバリアフリーの住まい

家の中でも駐車スペース同様にバリアフリーを考えた空間になっています。家の中には段差のない床が広がっています。それだけでなく各部屋や住まいの出入口は引き戸になっています。家の中で引き戸を開ければ、ワンルームのように1つの空間となります。そのため家の中での移動を妨げるものはありません。また玄関にも段差がないため、家の中の移動だけでなく、屋内から屋外、そして車への移動が気軽にできるのです。

明るく心地よい住まい

バリアフリーの住まいとなると、その機能性ばかりに目が行きがちですが、ここでは心地良く暮らせる住まいの空間が考えられています。家には田園側に向かって大きな窓が設けられています。そのため家の中から外に広がるのどかな風景を楽しむことができます。窓が果たす役割はそればかりではありません。大きな窓は太陽の光を取り込み、明るい室内空間を生み出します。冬にはそんな暖かな陽の光を浴びながら、外に広がる田園風景を楽しむことができるのです。このような家であれば、日々の暮らしを楽しめるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!