コートハウス2の夜景: 土居建築工房が手掛けた家です。

ルーバーのメリットまとめ集

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

ルーバーとは、細長い羽根板を隙間を空けながら連続的に並び組まれたものを言います。その形は建物の様々な場面に見られ、扉やドアに取り付けられたり、あるいは、照明部分にも取り入られることもあります。今回は、建物の外部に取り付けられるルーバーに焦点をあてて、そのメリットをまとめて紹介していきたいと思います。住まいでの暮らしをより快適にするために、こうしたメリットを活かした取り付けを是非検討してみて下さい!

ルーバーで直射日光を遮断

ルーバーのメリットとして一番に挙げられるのが、直射日光の遮断です。近年の住宅の高気密高断熱化に伴って、遮光することが非常に重要になってきています。ルーバーはその役割を十分に担い、かつ取り入れやすい手段の1つとなります。羽根板の角度を動かせる可動式のものであれば、光の入射量を調節できるので、取り付ける場所や目的に合わせて、そうしたものの採用も検討してみて下さい。

外からの視線を遮断

GRUPO VOLTAが手掛けた家

住宅街などに家がある場合、外からの視線が気になり、昼間でもカーテンを閉めていたり、プランニングの段階でそうしたことが大きな障害となって、思い通りの間取りにできないこともあるでしょう。そんな時にも、ルーバーは効果的な解決方法となってくれます。外からの視線を柔らかく遮断してくれるだけでなく、同時に光や風は家に取り入れてくれるので、住宅密集地でも自然を感じられる開放的な住まいとすることができます。

騒音を遮断

外からの騒音を遮断してくれることも、ルーバーの1つのメリットです。特に、大きな幹線道路沿いに家がある場合には、大きな効果を期待できるでしょう。外からの音が気になるという方には、おすすめの遮音方法です。他にも、建物の造りを鉄筋コンクリートにすることでも、高い遮音性能を期待できます。鉄筋コンクリート造については、「鉄筋コンクリート住宅のメリットまとめ!」も参考にしてみて下さい。

防犯性の向上

コートハウス2の夜景: 土居建築工房が手掛けた家です。
土居建築工房

コートハウス2の夜景

土居建築工房

視線が柔らかく遮られることで、防犯性の向上にもつながります。外部から家の中が見えづらくなるので、家の中に人がいるのかわからないような泥棒が浸入をためらう住まいとすることができます。こちらの土居建築工房が手掛けた住まいのように、ルーバーを使って庭を取り囲むことにより、より防犯性が高く、かつ子どもが安心して遊べるような安全な庭をつくり出すことができます。

柔らかなデザイン性

ルーバーの柔らかな落ち着きのあるデザイン性に魅せられる方も多いと思います。外からの視線を完全に遮断することなく、柔らかく遮るデザインにより、外観としても圧迫感や威圧感のないものにしてくれます。また、ルーバーの羽根板には木材が使われることが多いので、木材の落ち着きのある雰囲気を外観に取り入られることにもつながります。そうしたデザイン性は、周囲の街並みにもうまく溶け込みながら、おしゃれで印象的な住まいにもしてくれます。

縦ルーバーとの使い分け

最後に紹介しておきたいのは、羽根板が水平に並ぶルーバーと、垂直に並ぶ縦向きのルーバーの使い分けです。日射を遮断するために、南側の開口に取り付ける場合は、太陽の高度が高くなるので、水平ルーバーの方がより有効となりますし、通行人の視線をカットしたい場合には、縦向きのルーバーが効果的な場合もあるでしょう。もちろん、そのデザイン性も重要なことですが、取り付ける場所や目的に合わせて、この2つのタイプを使い分けることも考えていきましょう。

【外壁については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 外壁材を選ぶ前に知っておきたい6つのポイント 

※ 錆びがカッコイイ!コールテン鋼の魅力とは?

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

ルーバーで暮らしをより快適にしていきましょう!コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!