素敵な本の収納法は?

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

本好きの方には外せない家具が本棚。お気に入りの本をお気に入りの棚にならべて、思いっきり本の世界に溺れたいですね。しかし本棚とひとことで言っても、そのデザインは多岐に渡ります。目的や部屋のインテリアに合わせて、部屋に合ったサイズとタイプのものを選びたいものです。今回は本好きの方のために、本の収納法をタイプ別にご紹介したいと思います。

本と共にある生活

本がたくさんあるのでとにかく大きな収納場所が欲しい!と言う方はこちら。スズケン一級建築士事務所によって、ごく普通だった住宅が一万五千冊の本と共に生活する空間にリノベーションされました。あらゆる方向に本棚が「張り巡らされ」、まるで図書館のようなおうちになっています。本に溺れて生活したい人には最高の環境でしょう。

写真:畑亮

懐かしさを感じさせる書斎

レコードライブラリーにリフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けたリビングです。
ユミラ建築設計室

レコードライブラリーにリフォーム

ユミラ建築設計室

こちらの住まいに広がるのはクラシカルな雰囲気を感じさせる空間。使い込まれた家具や古い振り子時計は年代を感じさせます。そして目を奪うのが、壁一面に備え付けられた棚。床や柱の色と合わせた色合いで、棚ごと部屋に溶け込んでいます。収納してあるのは実はレコード。後依頼主のご希望により、大量にお持ちのレコードを展示収納できるスタジオライブラリーが作られました。こんな懐かしい雰囲気のなかで本も収納したり、展示したりすると素敵ですね。まるでひと昔前に時計を巻き戻したかのようです。

多機能な本棚

こちらで使われているのはモダンな収納。目にも鮮やかな黄緑の棚です。ご依頼主のご希望はリビングと書斎を分けることでした。けれど構造的にリフォームが不可能だったので、こちらの可動式の本棚が提案されました。屏風と棚を組み合わせたような仕組みで、ベッドルームとの区切りにもなっており、これでオン・オフの切り替えも効率よくでき、仕事もはかどりそうです。空間の仕切りと本棚という多機能なアイテム、ホームオフィス以外にも幅広く使えそうです。

カラフルでフレキシブル

6TH STUDIOが提案するのは、こちらの大きな本棚。色もカラフルで素敵ですね。でもよく見てみると、それは大きな棚ではなく、サイズと色の違う箱をいくつも組み合わせてできたもの。積み箱棚というプロジェクトで、CD、小物、本など形や大きさの違う色々なものを収納するために作られました。この方法だと、自分の気分やインテリアに合わせて好きなように色を揃えたり、並べ替えられたりするのでカスタマイズも簡単です。ブラウンとホワイトを基調としたお部屋のインテリアの中で、カラフルな本棚が引き立っています。「お施主様と一緒に、丁寧なモノづくりを楽しんでいけるような事務所を目指しています」というこちらの事務所。そのモットーを象徴するかのような本棚です。

写真 : 平井美行

コンパクトな「本棚」

寝室やリビングにもっとコンパクトに本を収納したい方にはこちらの「本棚」。ドイツのANCHOVIDESIGNがデザインした、本棚のイメージを覆すような本棚です。洗濯バサミで吊るされたような方法は機能美を愛するドイツらしいデザインです。たくさんは並べられないけれど、書斎の机の上や寝室など、読みかけの本たちを収納しておくのにはもってこいですね。また、綺麗な背表紙の本などを展示するために、見せる収納としても使えます。

オリジナルな本棚

最後にとってもオリジナルなこちらの本棚をご紹介。「本の虫」という名のついたこちらの本棚は、オランダのATELIER010によってデザインされました。本棚のフォームの斬新さもさることながら、中の部分にはクッションが置かれ、腰掛けることができます。ライトもちょうどいい位置に付けられており、本棚と椅子とライトが一体になった、まるで書斎のような機能を持った本棚です。「本の虫」すなわち本好きの人にはたまらないアイテムですね。

写真: Caren Huygelen

タイプ別、本の収納法はいかがでしたか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!