開放感と広がりを生み出すモダンな建物

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家の空間は様々なものがあるでしょう。多くの部屋がある機能的なもの。その一方で部屋に仕切りを作らないワンルームなどがあります。特にワンルームは住まいの問題を解決するため多くの人気が集めています。というのも現代では家族が一緒にいられるのは簡単でなく、そして家の敷地が狭いことが多いため。そこで広がりや繋がりが感じられるワンルームが人気があるのです。今回紹介するのもそんなワンルームを設けた家です。それを手がけたのはフクシアンドフクシ建築事務所。それでは、どんな家が建てられた早速見てみることにしましょう。

印象的な外観

今回家が建てられたのは青森県の住宅地。多くの家が建ち並ぶ一角に印象的な建物が建てられています。建てられたの2階建ての建物。その外観は人目を引くでしょう。建物の形は庭の部分が凹んでいる箱型のもの。そんな建物の外観は明るい色でまとめられています。このような建物が感じさせるのはシンプルでモダンな印象。そのため建物を一度見ると、強い印象を受けるかもしれません。

明るいLDK

家の中には外観同様に明るい空間が広がっています。そんな明るさを印象付けるのは白色の壁や天井。床のフローリングも明るい色の木材が使われているため、家の中全体がとても明るく感じられます。そんな家の中心にあるのはシンプルなキッチンやダイニング、そしてリビングが集まるLDK。それらは壁で隔てられることなくワンルームとして広がり、開放的な空間を生み出しています。

吹き抜けが生み出す広がり

こうした繋がりを生み出すLDKの天井は高くなっています。というのも、そこには吹き抜けが広がっているからです。そのためLDKは吹き抜けによって縦にも広がりを感じることができるでしょう。ここでは壁や天井によって家の中が隔てられていると感じることはありません。またワンルームとして繋がりを持つ空間の中では、家族の気配を常に感じることができます。そして繋がりや広がりを楽しむことができるでしょう。

ウッドデッキが生み出す屋内と屋外の繋がり

広がりを感じさせるLDKですが、その広がりは家の中に留まることはありません。LDKの前に取り付けられているのはウッドデッキ。それは家に食い込む形で取り付けられています。そのため家の中からウッドデッキを眺めることができます。もちろんLDKから気軽にウッドデッキに出られるため、簡単に開放感を楽しむことができます。そして屋内と屋内の繋がりを感じることができるでしょう。

ワンルーム感じる広がりと繋がり

このように本住宅では、家の中心にあるLDKを中心にして、ワンルームの広がりを感じることができます。そんな広がりは、ウッドデッキを使うことで、さらに広がりを生み出します。こうして本住宅では大きくはない敷地に建てられたにも関わらず、圧倒的でな広がりを感じることができます。そして開放感を楽しみながら、素敵な暮らしを送ることができるのです。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!