特別な外観の家「YOS 八乙女の住宅」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

最近では様々な形の建物が建てられている。それは人目を引くが、使い勝手の悪い住まいもある。だが中には特別な外観であるにも関わらず、快適な住まいを可能にするものもある。今回紹介したいのは建築事務所、都市建築設計集団が手がけた家「YOS 八乙女の住宅」。それは、とても印象的な外観にも関わらず、住み心地の良い空間を実現している

印象的な外観

建物は宮城県仙台市に建てられている。周辺には多くの新しい家が建ち並ぶ新興住宅地の一角。新しいモダンな家が並ぶ中で、本住宅は一際目立つだろう。正面から眺めると、それは四角の建物に見える。だが建物の横に回り込むと、見えるのは全く別の形。建物の間には大きな空洞があり、複雑な形をしている。それは見る角度によって全く違う姿を見せて、見るものを戸惑わせる。

テラスを挟む建物

本住宅は木造2階建てで、2棟の3角形の家から構成されている。1階部分は向かいあう2棟の建物が長方形の建物を挟み込んでいる。長方形の建物は各棟を繋ぎ、2階部分がバルコニーとなっている。このような建物を正面から見ると壁の1面しか見えないため、4角形の建物のように思えてしまう。だが横に回れば、建物の間にあるバルコニー部分が見える。そして想像したイメージが覆されてしまい、驚かされてしまうだろう。

明るく開放的な建物内部

建物1階部分に住まいの多くの機能が集まり、2階部分はリビングルームとダイニングルーム、そして子供部屋がある。そんな2階の部屋はバルコニーと接する部分は全てガラス窓になっている。それは建物内に多くの光の取り込みを可能にする。特にリビングルームとダイニングルームは3面の壁のうち2面がガラスとなっているため、とても明るい。ガラスは視界を遮ることが無いため、圧倒的な開放感を感じられるだろう。

風通しが良い眺めの良い場所

明るさや開放感を生み出すバルコニーだが、果たす機能はそれだけではない。そこに遮るものがないため風が通り抜けていく。2階の部屋の戸や窓を開ければ、風を家の中に取り込むことができる。そして家は風通しの良い場所となるだろう。また家は高台に建っているため、バルコニーから見えるのは見晴らしの良い風景。遠くの山々や、夏には街で打ち上げる花火の眺めを楽しむことができるという。

特別な外観が生み出す特別な生活

特別な外観と言えば、見かけしか機能を果たさないものがある。だが本住宅は特別な外観を生み出すバルコニーが、開放感、明るさ、風通し、そして眺望などをもたらしてくれる。特別な形こそが、ここでの生活を快適な心地良いものにしてくれるのだ。このような特別な外観の家は、他の家では体験できないような特別な生活を可能にしてくれるだろう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!