レイアウトに一工夫!狭い部屋の暮らし方

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

レイアウトに一工夫!狭い部屋の暮らし方

Aya F. Aya F.
高津の家: 向山建築設計事務所が手掛けた和室です。,モダン
Loading admin actions …

狭い部屋で快適に暮らすためには、いろんな工夫が必要ですが、そのうちの一つとして挙げられるのが空間のレイアウト。大きな家具の置き方や縦の空間を使う方法など、ちょっとしたコツを知るだけで、ぐっと過ごしやすさがアップします。今回は、お部屋のレイアウトに注目して狭い空間を上手に使う方法をいろいろご紹介します。賃貸でも新築、リノベーションでも取り入れられるようなアイデア、集めてみました。

壁を使って狭いスペースを上手にアレンジするお部屋レイアウト

狭い部屋でも、用途によっては空間を仕切ってオン・オフの切り替えをしたい、ということもあるかと思います。こちらのお宅は、割と広さのある3LDKですが、ホームオフィスとして利用されるということで、家の半分以上をプライベートと仕事場との共用。職場として利用するために空間をうまく利用すべく、こちらのお部屋では真ん中に窓のある壁を配置して、ミーティングルームと図書スペースに分けるレイアウトになっています。下の部分が大きくあいているため、テーブルは隣室と共有でき、プライベートタイムにはミーティングルームをダイニングとして使えます。ざっくりとした仕切りゆえに狭さを感じさせない上手なレイアウトですね。東京の建築家・Yuko Shibata Architectsの作品です。

小部屋で区切らず小上がりやニッチを活用

家づくりを考えるときに、趣味の部屋も欲しい、書斎も欲しいといろんな希望を挙げていくと、敷地に対してスペースが足りない!ということになることも多いはず。限られた空間に、希望する空間を盛り込もうとすると、いろんな工夫が必要になります。こちらは、狭い間口の細長い敷地に三階建てに建てられたお宅。コンパクトながらも、階段や収納などを北側に寄せ、残したスペースで広々と感じさせられるようなレイアウトに工夫されています。リビングの脇には小上がりとニッチを取り付けることで、個室のような空間を作りだしており、開放的ながらもプライベートな時間が持てるような仕組みに。

住空間を増やすならロフトも

コンパクトな家でも、屋根裏があるならば、法的な条件によってはロフトを増設することでお部屋を増やすことは可能かもしれません。こちらのお宅では、長い梯子をのぼるとこんなかわいらしい和の空間が。畳マットにちゃぶ台、和紙のランプという設えが、まるで隠れ家カフェのような雰囲気ですね。トップライトが間近にあるため、天井が低めでも窮屈さを感じません。天井の高いお部屋であれば、ロフトベッドや畳三畳分くらいのロフトスペースを取り入れることもできるかもしれませんね。縦の空間、上手に活用したいところです。

パーテーションも上手に活用しよう

Polygon arch&desが手掛けた寝室, ミニマル
Polygon arch&des

APARTMENT “VERBI”

Polygon arch&des

ワンルームでは、リビングもダイニングもベッドルームも同じ空間に配置せざるを得ませんが、人を呼んで自宅で楽しみたい方にはちょっと雑多に見えて嫌かもしれませんね。それならば、パーテーションを上手に活用したいところ。こちらでは、ダイニングキッチンとそれ以外のスペースを白い壁で区切り、さらにリビング、ワークスペースと寝室とをガラスで仕切っています。仕切りの素材を変えることで、閉塞感を感じさせることなく用途ごとに区分けができて、居心地もよさそうですね。

ベッドの位置と造りでシンプルに生活感を消そう

こちらのお宅もワンルーム。白を基調とした天井の高い気持ちの良いお部屋です。キッチンとリビング、ベッドルームが同居する空間ながらも、こちらでは壁の収納棚の間にヘッドボードが埋め込まれるような形のレイアウト。足元側には天井まで届く大きな棚を配置することで、プライベートゾーンに目隠しをしています。ベッドサイドはカーテンが下げられているため、来客時に寝室スペースを見られることなく、スマートかつおしゃれ見せることが可能。真似してみたいアイデアですね。

折り畳み家具はコンパクトハウスの強い味方

狭い家では、家具もなるべく置かないようにすると、すっきりしますよね。でも、必要最低限の家具は必要。ならば、折り畳み式の家具を利用してみるのはいかがですか?こちらはパリの狭小アパート。居心地をよくするために、壁面にいろんな家具を収納できる造りになっています。ダイニングでは、3,4人程度座れるスペースがありますが、このテーブル、使用後は跳ね上げて壁のくぼみに仕舞うことができます。椅子も平面にくっつける形でぴたりと収納可能。仕舞うためには片付けなければならないので、いつも綺麗に暮らせそうですね。

いろんな小さなアイデア、工夫して取り入れたいですね。ご意見ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅, モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!