sky and light house: 森下新宮建築設計事務所/MRSN ARCHITECTS OFFICEが手掛けたです。

周辺の景観を活かした家「sky and light house」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家が建てられるのは市街地ばかりではありません。街から離れた自然が広がる場所にも建てられます。そんな場所に家を建てれば、自然や美しい環境を楽しむことができるでしょう。今回紹介するのは、そんな自然に囲まれた家。森下新宮建築設計事務所が手がけた住宅「sky and light house」は、周辺に広がる景色を取り込んだ、とても印象的なものとなっています。

山間部に建つ家

本住宅が建てられたのは四国の山間部。山に囲まれた場所は街の中心部から離れており、周辺には小川が流れ、花を栽培するビニールハウスが建ち並んでいます。そんな場所に建つのは木造2階建ての家。外壁に多くの木材を使用した建物はシンプルな外観となっており、景観を乱すことがないにも関わらず、強い印象を与えています。

明るい建物内部

建物内に広がるのは美しい空間。フローリングの床、木の壁や柱などが、シンプルな空間の中で存在感を感じさせます。建物1階部分で大きな特徴となるのは壁。その3方がすりガラスとなっており、外から暖かな陽の光を取り込んでいます。室内には光を遮るような壁が少なく、内部はとても明るくなっています。このようなガラスと木で構成された空間は現代的な印象を与えるでしょう。

ガラス戸の向こうに広がる風景

壁となるガラスは横引きの戸となっているため収納することができます。ガラス戸を開けると、見えるのは大きな軒下の空間。それは外でも中でもない縁側のような空間となっています。その向こうに広がるのは緑が美しい風景。大きな軒下によって家の内と外は明確に分けられることなく、まるで外が家の内部のように見えるでしょう。そして、ここでは風景を楽しめると同時に開放感を得られるようになっているのです。

外の風景を取り込む家

建物2階も1階同様に美しい空間が広がっています。大きな軒となる部分は、2階ではテラスのようなスペースとなっています。それを活かすように大きな開口部があり、ガラス戸が取り付けられています。そのガラス戸を開ければ、見えるのはテラスと屋外の空間。手すりなど視界を遮るものは何もないため、家と外に広がる風景が一体化しているように見えるでしょう。

周辺の景観を活かした家

本住宅は周りに広がる自然を活かす形で建てられています。そして、まるで家の一部のように周りに広がる風景を取り込んでいます。そんな家が生み出すのは圧倒的な開放感と明るい雰囲気。このような周辺環境を意識した家では、ここでしか送れないような特別な生活を送ることができるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!