変化のある楽しい暮らしを送れる家「HouseYM 」

変化のある楽しい暮らしを送れる家「HouseYM 」

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

家はそこに住む人の生活に大きな影響を与え、時には生活のあり方を決めて制限してしまうでしょう。だが住む人が1つのスタイルに束縛されず、自由に過ごすことはできないのでしょうか。このような問題に応えるのは大橋史人建築設計が手がけた家「HouseYM 」。そこには遊び心が散りばめられ、自由に過ごせるようになっています。

田園地帯に建つ家

「HouseYM」が建つのは三重県にある郊外の場所。家の前には田園が広がり牧歌的な雰囲気が漂っています。そんな、まばらに家が建つ場所で本住宅は人目を引くでしょう。2階建ての建物は箱型を組み合わせた形をしており、とてもシンプルに見えます。白色の外壁の上に見えるのは不規則に並ぶ様々な大きさの窓。それは、この建物が他とは違う個性的なものであることを印象付けています。

木が生み出す暖かい空間

建物内には暖かな空間が広がっています。それを生み出すのは家の至る所で使われている木材。屋根を支える梁や垂木には木が使われており、茶色の空間が室内を覆っています。他にも、柱、天井、床、そして作り付けの棚などが木から作られており、建物内では木の存在を強く感じることができます。このような木が生み出す暖かな雰囲気はここでの生活に心地良さを加えてくれるでしょう。

快適さと家族の関係を生み出す「繋がり」

この家の大きな特徴となるのはリビングルームに広がる吹き抜け。それはキッチンやダイニングルームなど幾つかの空間を1つにまとめています。そのためワンルームのような空間が生まれ、開放感が感じることができるでしょう。このような空間が生み出すのは家族の繋がり。この家なら家族が家の中で見えない場所にいても、その気配を感じることができます。ここには開放感と家族の関係を生み出す「繋がり」があるのです。

遊び心あふれる個性的な空間

家の中には至る所に不思議な空間があります。例えば、2階部分にあるロフト。そこには普通の階段やハシゴなどはなく、作り付けの棚を階段代わにり移動することになります。他の特徴となるのは至る所に見られる開口部。あるものは窓となって外に広がる風景を楽しませてくれます。部屋の間にある開口部は、その間を緩やかに繋ぎ、空間と家族を繋ぎ合わせます。このように建物には遊び心を感じさせる機能的な空間が広がっているのです。

自分で居心地の良い場所を探す家

家の設計を依頼したクライアントは建築家に幾つかの要望を出していました。それは「通常はワンルームとして使用して、必要な時に空間を隔てられること、ネコと一緒に楽しく暮らせること、周辺の風景を楽しみながら心地良く暮らせること」でした。建築家はその求めに応えて、開口部を使って繋げることができるワンルームを生み出し、風景を楽しめる窓を多く取り付けました。そして猫が居心地の良い場所を探すように、ここでは、住人がその時々で居心地の良い場所を探し出せるようになっています。だからこそ、住まいに合わせる必要はなく、遊び心があふれる空間の中で自分のスタイルを探し出すことができるのです。こんな空間なら単調な生活ではなく、変化のある楽しい暮らしを送れるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!