座喜味のヴィラ: 岡部義孝建築設計事務所が手掛けたリビングです。

世界遺産を臨む座喜味の別荘

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

本日紹介するのは、日本国内にいながら東南アジアのリゾート地に滞在しているかのような時間を送ることができる別荘。手掛けたのは福岡県に拠点をおき活動する岡部義孝建築設計事務所です。

素晴らしいロケーション

この別荘が建てられたのは沖縄本島中部に位置する読谷村。敷地の眼下には湖が、そしてその先には世界遺産の一つである座喜味城を臨むという素晴らしいロケーションです。敷地には亜熱帯気候特有の豊かな森にダイレクトにアクセス可能な広々としたプール、そのプールを囲むように建てられた、年中温暖な気候を楽しむことができる開放的な建物… リゾート地のヴィラそのものです!ライトアップされる夜間はさらに特別な雰囲気に変わります。

沖縄の気候に合わせた設計

こちらが室内。手前がリビングエリア、奥がキッチン&ダイニングとなっています。外観、インテリア共にリゾート感満点のデザインですが、これは見た目上の演出だけでなく、本土とは異なる沖縄特有の自然環境、特に風と暑さについて配慮された構造となっているのです。屋根・建具・構造・材料など建物を構成する要素のひとつひとつが、土地の気候風土に合った快適な住空間を作るよう検討され組み上げられた、沖縄ならではの建て方となっているのです。

南国のリラックスした時間を楽しむ

内部は開放感を楽しむためオープンプランのLDKとなっています。ご覧下さい、プールまでが室内と一体化したかのようなこの開放感!リビングから一直線にプールに飛び込めるという非日常的な演出がさらに気分を盛り上げます。さらに自然素材をふんだんに使用した勾配屋根と続く深い庇が、ダイナミックで伸びやかな視覚的効果を作り、室内にいても開放感を損ないません。この深い庇は夏場の強い直射日光や雨から室内空間を守り、常に建具を開け放って自然の心地良い風が吹き渡る南国のリラックスした時間を過ごすことができます。

表情豊かなバスルーム

バスルームは様々な石材と木材を使用したリッチで表情豊かな空間です。広々としたスペースをさらに広く見せているのはガラスの仕切り。木材の天井から白い石材の床へと移り変わるブラウンから白へのグラデーションが美しいですね。多くの人が選択する真っ白なバスルームではなく、天然素材の質感を生かした表情のあるバスルームにしたい、よりリラクゼーションに特化した空間にしたい、という方はぜひ参考にして欲しいバスルームデザインです。リゾート感を盛り上げるモンステラの鉢植えも忘れずに。

細部へのこだわり

細部にも建築家のこだわりが見られます。個室へつながるドアは有機的な木彫りのデザインでエキゾチックに、しかし玄関の三和土は石材を敷いた伝統的な和風スタイル。アクセサリーは最小限に抑えて、石や木といった素材そのものの表情を存分に生かし装飾性を持たせた美しいデザインです。

今すぐプールに飛び込みたい!ぜひあなたの感想も教えて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!