OH! house: Takeru Shoji Architects.Co.,Ltdが手掛けた家です。

生活を快適にする家の中の庭「OH! house 」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

庭と言えば、どんなものを思い浮かべるでしょうか。多くの人は家の外にあるものや、家の内側に設けられた中庭を想像するでしょう。そのどちらも屋根の無い屋外空間。ですが中には屋根の下に庭を設けたものもあります。それを手掛けたのは東海林健建築設計事務所。建てられた家は、そんな特別な庭によって快適な生活が可能となっています。

家の中に建つ家

新潟市の住宅街に建つのは「OH! house 」と名付けられた家。それを遠くから眺めると、白い箱型の建物が見えるでしょう。ですがそれに近付くと驚かされるかもしれません。本来であれば、壁があるはずの1階部分に見えるのは、数本の柱。そこには空洞が広がっており、その奥に建物が見えます。この家は箱型の空間の中に箱型の家が建つ形となっており、とても個性的なものに見えるでしょう。

屋根の下に広がる庭

家の中に家があるだけでも十分に個性的ですが、さらに驚かされることがあります。それは屋根の下に広がる庭。外側と内側の家の間に回廊のような空間があり、木々が植えられています。外から見ると、窓となる四角の切り抜き越しに、内側にある家や木々が見えます。そのため家の中に庭付きの家があるように見えるかもしれません。そして本住宅が他とは全く違うものであることに気付かされるでしょう。

子供たちの遊び場となる庭

木の床と白い壁が美しい空間を生み出す建物の内部。そんな建物の1階には子供部屋があり、子供たちは気軽に庭に出ることができるようになっています。夏でも日差しを気にする必要が無く、雨や雪もしのげる場所は、いつでも遊ぶことができます。そんな庭は子供たちにとっては絶好の遊び場となるでしょう。

開放感を生み出す庭

家の中からも、この特別な庭を楽しめるようになっています。庭に面する場所にはリビングルームがあり、大きな窓が取り付けられています。そこにある窓が開ければ、見えるのは庭の木々。そして心地良い外の風を感じることができるでしょう。通常であれば、窓を広げると、外から中の様子が見えてしまいますが、ここではそれを気にする必要はありません。家を覆う外壁や木々が家の中を覗けないようにしてくれるのです。

実用的で遊び心を秘めた空間

今回家を建てる際にクライアントが求めていたのは、庭を設けて開放的な生活を送ることでした。建築家は要望に応えて、家の中の特別な庭を作り出しています。そして庭を活かすためにそれを覆う家を作り、外からの視線、そして寒さや暑さから住人の生活を守るようにしているのです。このような実用的で同時に遊び心を秘めた空間は、ここでの素晴らしい生活を可能にしていくれるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!