haus-turf: 一級建築士事務所hausが手掛けたダイニングです。

シンプルで、ナチュラルな、開放的な住まい!

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

今回紹介したいのは一級建築士事務所HAUSが手がけた家です。それが建てられたのは草原のような緑の空間が広がる場所。近くには河川が流れ、のどかな風景が広がっています。そんな場所に生み出されたのはシンプルで可愛らしい家。そこには周りの景観を活かすような空間が考えられて、開放的な住まいが建てられました。それでは本住宅がどうなっているか早速みていくことにしましょう。

シンプルな外観

今回建てられたのは2階建ての住宅。その外壁は白色にまとめられて明るい印象を作り出しています。そんな建物の上にあるのは三角形の屋根。家を側面から眺めると、四角形と三角形の組み合わせが、家らしいフォルムを与えています。家全体は白色ですっきりとしたフォルムが際立っているため、他の家とは違う特別な住まいであることを感じさせてくれるでしょう。

明るく印象的な室内空間

家の中に広がるのは明るく印象的な空間。それを特に感じさせるのは、キッチン、リビング、ダイニングが集まるLDK。室内の壁は外壁同様に白色にまとめられて、明るく清潔感のある印象を与えます。それにアクセントを加えるのは木の暖かみです。床に広がるのは明るい茶色の木のフローリング。キッチンには木で作られた棚が並び、木の存在感を引き立たせています。そのため暖かな雰囲気を楽しみながら、暮らしを楽しめるでしょう。

広がりを感じさせる吹き抜け

本住宅の大きな特徴となるのはLDKに広がる吹き抜けです。それはLDKの窓側に設けられているため、そこには天井までガラス窓が取り付けられています。多くの窓があれば、多くの光を取り込むことができます。そのため家の中はまるで屋外にいるような明るい空間となっています。もちろん吹き抜けによって天井が高くなるため、広がりも感じられます。このように本住宅では、明るさと広がりを楽しむことができるのです

ウッドデッキが生み出す開放感

このようなLDKの前には広々としたウッドデッキが広がっています。その上にあるのは大きな軒。そのためここで雨に降られることはありません。にもかかわらず、外の風にあたりながら、家の前に広がる風景を楽しむことができます。そのため屋外でも屋内でもあるような場所で開放感を楽しむことができるでしょう。もちろんLDKはウッドデッキに隣接しているため、そこでも開放感を楽しむことができるのです。

緑化された屋根が生み出す庭

開放感を楽しめるのは1階のウッドデッキやLDKばかりではありません。2階でも、その心地良い広がりを楽しむことができます。2階の吹き抜けに面して設けられているのはスタディスペース。そこからは吹き抜けやそこに面している屋根を望むことができます。実はそこにあるのは普通の屋根ではありません。そこは植物などが植えられて緑化されています。そのため2階にも庭が広がっているように感じられるのです。このような家なら、至る所で開放感が感じられ、気持ちの良い暮らしができるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!