見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

どうすれば部屋にもっと光を取り入れられる?

AYUMI SAITO AYUMI SAITO
Loading admin actions …

明るい部屋を作りたい。それは家を作る人が共通に持つ願いだと思います。無料で誰しもが平等に受け取れることができて、部屋を明るくするためには欠かせないものがあります。それは、太陽からの自然光です。今回は、部屋に自然光を取り入れるためのアイディアをご紹介しましょう。

明るい色を使う

わんわんハウス: ARCHSOL DESIGNが手掛けたリビングです。
ARCHSOL DESIGN

わんわんハウス

ARCHSOL DESIGN

明るい色を部屋の中に使うことも、自然光の効果を活かすためには欠かせません。ARCHSOL DESIGNが手掛けたこちらのリビングは、自然光が明るく映えるよう白色が基調となっています。自然光は、明るい色で増長されます。自然光を活かして部屋の中を明るくしたい場合は、このように明るい色を壁に使用するのがおすすめです。

写真撮影: イクマ サトシ

大きな窓を

2Fに設けた明るく開放的なLDK: UZUが手掛けたリビングです。
UZU

2Fに設けた明るく開放的なLDK

UZU
UZU
UZU

こちらは、大阪の建築家UZUが手掛けた、窓から差仕込む自然光を最大限に活かしたリビングルームです。リビングルームの壁一面に、大きな窓を配置し、自然光がふんだんに差し込むようになっています。窓を大きくすればするほど、自然光がより差し込むようになります。自然光が差し込む部屋を作るためには、大きな窓を取り付けるのが効果的です。

クレジットa.fukuza

天窓から青空を

天井に天窓を取り付けることができれば、より多くの自然光を部屋の中に差し込むことができます。こちらは、埼玉県の建築家遠藤浩建築設計事務所 H,ENDOH ARCHTECT & ASSOCIATESが設計した北欧風のリビングです。天窓を取り付けたことによって、いつでも青空な眺めることができるようになりました。木のぬくもりと太陽からの自然光はベストマッチです。明るく開放的で、居心地の良い空間となっています。

区切りのない空間

空間にできる限り区切りをなくせば、窓から入る自然光が遮られることなく、家の中を明るく照らし出してくれます。写真のリビングはまさに好例です。高知県の建築家キリコ設計事務所が手掛けたリビングは、区切りをなくし、自然光が家の奥まで差し込むようになっています。窓からは、周辺の田んぼや小川からの心地よい風もまた差し込んできます。明るく、自然と共生できる空間です。

鏡の特徴を活かす

Origami Mobilyaが手掛けたリビング
Origami Mobilya

Koru Florya Salon Tasarımı

Origami Mobilya

窓から入り込む自然光を最大限に活かすには、鏡が役立ちます。写真のリビングルームでは、窓の反対側の壁一面に大きな鏡を取り付けています。こうすることで、鏡の反射が、窓からの自然光を部屋の中に広げてくれる役目を果たします。鏡は部屋の中を広く見せる効果もあるので、部屋の中に鏡を置けば、部屋を明るくできるだけではなく、部屋を広く感じさせることができ、一石二鳥です。

ガラス壁を活用する

オリエンタルモダンのリビング: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けたリビングです。
TERAJIMA ARCHITECTS

オリエンタルモダンのリビング

TERAJIMA ARCHITECTS

部屋の中に差し込んだ自然光を活かすためには、鏡だけではなくガラス壁も大活躍します。普通の壁と違い、ガラス壁は光を遮らないため、他の部屋に光を持ち込ませることができます。また、ガラス壁は自然光の光を鏡のように反射させてくれるので、自然光の光のパワーを増長させることができます。東京都の建築家TERAJIMA ARCHITECTSが設計したこちらのモダンなリビングも、ガラス壁が活かされ、燦々と差し込む自然光が明るく気持ち良い空間となっていますね。

良いアイディアは見つかりましたか。自然光を活用して明るい部屋に仕上げたいですね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!