下田の家: TAMAI ATELIERが手掛けたベランダです。

大自然を招き入れる住まい

JUTO JUTO
Loading admin actions …

「大自然を招き入れる住まい」と建築家・玉井清氏が表現するこの住宅は、伊豆半島の南端の緑あふれる豊かな自然に囲まれた場所に建っており、場所柄海も山も近く、都会で暮らすのとは違った楽しさや豊かさを身近に感じながら暮らせる家なんです。ラスティックな雰囲気を持ちながらも高級感のある住まい、さっそく見ていきましょう。

重なる屋根が生み出すダイナミックな外観

山が連なるように片流れの屋根が重なる外観は周囲を囲む大自然にも負けないぐらいダイナミックでありながら、全体を覆う木板張りという素材のおかげで風景にすっと馴染んだ佇まいが印象的な住宅です。

経年変化が味わいを増す木板張りの外壁

軒天まで覆った天然の素材は、時には厳しい自然環境の中で時を重ねると共に一層味わいを増していき、歴史を刻んでいきます。ゆったりとした敷地に真っすぐ延びる玄関アプローチを進み、 深い軒下のポーチの緩やかな段差を経ながら、建物内へ。そのまま内部を通り越し、視線は裏の外部空間にまで抜けていきます。

内外空間の連続性を作る

グラデーションの入った質感を感じさせる石タイルを三和土からわずかな段差を持たせたホールまで貼り、連続性を強調。そのまま奥の外部空間まで続きます。視覚的にも感覚的にも自然の存在を様々な形で住空間及びライフスタイルに取り込んでいるのが特徴的です。

軸で隔てる静と動の空間

玄関から続く裏庭はがらっと印象が変わり、和モダンなテイストの内外空間が広がります。左手は離れのような和室空間で縁側がぐるっと囲んでいます。庭石や砂利、植栽などのエレメントが和の雰囲気を醸し出し、ラスティックな外観とうまく調和していますね。

様々な生活シーンを彩るLDK

LDKは空間の括れや腰壁を設けることでそれぞれを緩やかに隔てながら、どうじに繋げています。両サイドには大きな開口。異なる風景を存分に取り込みながら開放的な住環境を確立しています。リビング側には存在感のある薪ストーブを配置。一年を通して心地良く暮らせそうですよね。

アウトドアライフが楽しくなるテラス空間

LDKから続くテラスはアウトドアな気分を盛り上げてくれそうなウッドデッキ。バーベーキューをしたりゆっくりとくつろいだりと外で過ごす時間が楽しくなりそうなテラスです。大きな開口を開ければリビングダイニングともフラットに繋がり、開放感がさらに増しますね。

光と影の演出

建物奥に配置された寝室もテラスに繋がっています。深い軒が陰影を生み出し、大きな窓からは四季折々の自然の姿が享受できる心地良いプライベート空間です。ブラインドはカーテンよりも光の微調整や影の演出などが望めるので是非取り入れてみてはいかがでしょう。

間の空間

こちらは玄関ホールの右手にある和室前の前室です。間を設けた空間構成が高級感を導き、そして一呼吸することでまるで茶室に入るときのような別世界への誘いを感じさせるような情緒たっぷりの演出が素敵ですよね。

静寂の広がるモダンな和室

幽玄な雰囲気の中にモダンなテイストも存在する和室ですね。「旗竿地に建つ趣きのある和モダンな住宅」でも見られるように角を外部に開放し、板の間と連続するように縁側で囲み、広がりを持たせています。どの場所にいても自然を感じ、ゆったりと時間の流れる暮らしを叶えてくれそうなまさに大自然を招き入れる住まい、さらなる経年変化が楽しみですね。

雄大な自然に囲まれた生活憧れますよね。皆さんの感想はどうですか?
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!