居間: 有限会社 アンドウ・アトリエが手掛けたリビングです。

植物に囲まれて暮らす家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

目の前には集合住宅、そしてすぐ隣は貸し駐車場。典型的な住宅地にある敷地で植物に囲まれて暮らしたいというクライアントの要望を叶えるべくアンドウ・アトリエが設計したのは、ごく普通に見える外観、126 m²という普通の大きさの住宅ですが、実に様々な工夫を取り入れることで、機能的にも優れた住み心地抜群の住まいが出来上がりました。

建物のセットバックとズレによって生まれる豊かな外部空間

敷地の南側の道路を挟んで向かいには集合住宅が建っていますが、建物をセットバックさせ、手前に常緑樹を植えた南庭を設けることで視線を緩やかに遮りつつ、室内からは庭の眺めが楽しめるような計画を採用。さらに敷地に対して建物の軸を少し振ることで周囲に生まれた余白にも植物を植え、建物全体を囲んでいます。

木製ルーバーは機能抜群でしかもお洒落!

玄関上の木製ルーバーは物干しバルコニーとなっており、プライバシーに配慮した賢いアイデアですよね。屋根も架かっているので急な雨でも心配いりません。物干しスペースの目隠しって絶対必要ですよね。「工夫がいっぱいの北側に開かれた家」でも木製のルーバーで工夫した物干しスペースがあるので是非参考にしてみてください。玄関ポーチから隣の住宅側にかけてカツラ、アズキナシ、ナンテン、アブラチャンなど様々な種類の植物を植え、街路に対しても親しみやすい雰囲気を作っています。

四季を感じられる庭

敷地の西側は 視界が開けた貸し駐車場。リビングから続くテラスにはハンモックを吊るし、庭に植えた常緑樹を含む四季折々の植物が、道路からの視線を気にせず楽しめます。

庭とつながる生活空間

大きな開口を南側へ設け、フラットで繋げることで庭と連続するような開放感のあるリビングが生まれました。1階はクランク状に程よく繋がりながらメリハリを持たせたゾーニングによってダイニングとキッチンと共に一体感のある生活空間を配置しています。どの場所からも大小の開口を通して、四方を囲んだ自然の移ろいを感じられる理想的なプランは、クライアントの要望を見事に叶えてくれていますね。

四方に設けた窓からは常に木々が見える

リビングの南側だけでなく北側にも庭空間を設けました。そしてダイニングからも視線が抜ける位置に開口を設置。全体的に北欧風のナチュラルなテイストでまとめた暖かみのあるインテリアは、自然を愛でながら暮らすにはぴったりですよね。特注の木製家具や造作収納の美しい仕上がりとアクセントとなる色が心地良い住まいを演出してくれています。

特注の家具や造作収納で等身大の住まいづくり

リビングに置かれたTV台も特別に製作してもらったもので、クライアントのアイデアも盛り込まれたオリジナリティ溢れる素敵な家具です。テレビ上の小窓は開けるとキッチンに繋がっているんです。フレーム状になっているので飾り棚としても使える機能的で遊び心のあるデザインですよね。ダイニング奥はワークスペース。東側の玄関廻りの植栽が眺められる窓を配置しています。壁一面に設けた収納の中に空調機も収め、すっきりとまとまっています。

内外が交じり合うプラン

ナラのフローリングが気持ち良さそうなリビングの奥には和室が控えています。その向こうにも庭を設け、内外空間にそれぞれ持たせた奥行きが入り交じる豊かな空間構成が 広がりを感じさせるこの住宅、自然の移ろいを楽しんで暮らせること間違いなしです。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

普通っぽいのに住み心地は最高な家、皆さんの意見も聞かせてくださいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!