南台の家: 長浜信幸建築設計事務所が手掛けたダイニングです。

「狭小変形敷地」を使い尽くすということ〜南台の家

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

狭い、変形している、面した道路は幅が狭い上、交差点である… 。このような条件が揃っていれば建築の知識がない素人でも、そこに住宅を建てるのは難しいことだと分かります。南台の家が建てられた敷地は、古い木造家屋の密集した住宅地にある決して広くはない三角形の平面です。しかも敷地が接する二面がともに幅員4メートル以下の狭隘(きょうあい)道路であるため、敷地だけでなく道路斜線も大変に厳しい条件だったといいます。(※道路斜線とは、道路に面する建物の一定部分の高さを制限する法規。前面道路の反対側の境界線を起点として距離と角度によって規定されており、よって幅の狭い道路ほど前面に建てられる高さが低くなる)

しかし東京に拠点をおき活動する、長浜信幸建築設計事務所が手掛けた住宅はそんな”狭小変形敷地”を使い尽くした、と言われています。一体どんな住宅になったのでしょうか。ご紹介します。

狭小敷地でこそ”常識的な住宅”を

クライアントからの要望は、近接する周辺家屋からプライバシーの守られた、落ち着いて過ごせる内部空間であること、音楽を楽しむ個室と敷地内に駐車スペースを持つことでした。そしてそれは「常識的な住宅」であり、快適に日常生活が過ごせる最低限の機能があること… 。時として、狭小のうえ変形している敷地では、建築物は奇抜で住み心地の悪そうなものになってしまうこともあります。しかし建築家が建てたのはご覧のような、落ち着いた外観を持つシックな住宅です。

いくつもの役割を持ったコンクリートの壁

こちらの住宅は狭い道路の交差点に接して建てられており、通行する自動車にいつ接触されてもおかしくない環境とも言えます。しかし左手に見える、この頑強なコンクリートの壁を敷地角に設置することで、視覚的にも実際的にも住人に安心感を与えています。

明るさを演出する壁

また、この玄関へのアプローチ階段を支えるコンクリートの壁は、プライバシーを守る目隠しでありながら太陽光を導くリフレクタとしての役割を持っています。反射した日光は西向きのダイニングに降り注ぎ、午前中から明るさをもたらすとともに、地下室へ光を導く光庭にもなっています。

変形敷地を使い尽くすために生まれた必然

限られた空間を使い尽くすために検討を繰り返した結果、建物の形態は斜線制限をほぼ忠実に再現しています。そして内部空間はというと、三角形の敷地形状から生まれる不整形な平面と、斜線制限から生まれる傾斜した壁を不自由無く利用できる用途は限られるため、必然的に各室の配置が定まっていったそう。

バスルーム

バスルームはブルーグリーンの小さめタイルを敷き詰めた、清潔感のある爽やかな空間です。脱衣所と浴室の仕切りをガラスにしたことで、開放感のある狭さを感じさせないバスルームに。

螺旋階段の役割

地下から最上階のロフトまでを貫く螺旋階段は、吹き抜けのように家全体をひとつの空間として結びつけ、また視野を遮らないことで伸びやかな内部空間を演出しています。熱環境に関しては、パネルヒーターで家全体をコントロールすることで、熱が家の上部へと偏らないようバランスを保っています。

こうして”敷地を使い尽くした”というこの家は、とても”常識的”で狭小変形敷地に建っているとは感じさせない、落ち着いた心地の良い住まいとなったのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!