自宅を誇れるようになるエントランス7選!

Emi M Emi M
Home Staging Reetdachhaus auf Sylt, Immofoto-Sylt Immofoto-Sylt カントリースタイルの 玄関&廊下&階段
Loading admin actions …

エントランスは室内と外部をつなぐスペースです。毎朝元気に出掛けれるよう、帰宅したらほっと一息付けるよう、快適で気持ちの良い空間にしたいもの。また、エントランスはゲストが一番最初に足を踏み入れる場所でもあります。「来て良かった」「また来たい」と思わせるような魅力的なインテリアでおもてなししましょう。素敵な7つのエントランスを紹介します。

1、明るくソフト

明るくシンプル、そして優しげな雰囲気が老若男女を問わず好かれるエントランスです。コンソール上には観葉植物や自然素材で作られた装飾を少しだけ飾って。物を置き過ぎないことが大切です。オフホワイトと少しの中間色でまとめた空間を壁の黒い写真フレームが引き締めています。

2、ビビッドな配色

青系グラデーションのラグがぱっと目を引くエントランス。さらに黄色いオットマンが加わってよりビビッドな印象に。中央に置かれた彫像も存在感がありますね。個性とエネルギーを感じさせるこちらのコーディネートは、ポルトガルのインテリアデザイナーによるものです。

3、車が主役

車が趣味の方は特に、うらやましくてため息が出てしまいそうなこちらのエントランス。まさに自慢したくなるスペースです!吹抜けの開放的な空間なので、椅子とサイドテーブルを置いてラウンジとしても使用が可能。車談義に花が咲きます。

4、気品と伝統美

こちらは和の美しさが滲み出る数寄屋造り住宅のエントランスです。繊細な格子の引き戸が作る陰影、木材そのものの美しさ… 自然と背筋が伸びるような気品と伝統美を感じさせます。

5、シャビーシック

古いアイテムが品良くミックスされたシャビーシックスタイルが魅力のエントランスです。中間色よりもほぼ無彩色に近いカラーコーディネートが儚い雰囲気を演出しています。ブリキのバケツに花束を無造作にいけたり、ペンキや仕上げ剤が剥がれ落ちた家具を少しだけ取り入れることがシャビーシックスタイルを簡単に作るポイントです。

6、空間のインパクト

広々とした土間玄関、これだけでも気持ちがいいですが、隣接するLDKの引き戸を開け放つと… この大空間!視線が建物を突抜け、向こう側の景色までも飛び込んできます。装飾はせず、空間自体が持つこのインパクトを大切にしたいですね。

7、廊下をメインに装飾

玄関そのものが狭くても廊下とつながっているなら、廊下をメインに装飾すると良いでしょう。優しげなペールピンクと白に塗ったソフトな印象の壁に、鮮烈な赤いアートを飾ってアクセントに。その先のラグにも赤を使うことで視線を誘導します。少しだけ黒を差して全体的な甘さをセーブ。

どのエントランスがお気に入りですか?ぜひ感想を教えて下さいね!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!