元浅草の住居: 蘆田暢人建築設計事務所 ​Ashida Architect & Associatesが手掛けたリビングです。

塩系インテリアとは?

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

近年多種多様化するインテリアスタイル。どんなものか不明なものもあるのでは?例えば、塩系インテリアとは?塩系男子といった言葉に並び称されるように、さっぱりとした飾り気のない男前のインテリアのこと。クールでスタイリッシュなインテリアは、男性に好まれそうです。今回は塩系インテリアとは?と題し、その特徴とコーディネートの方法についていろいろと考えていきます。模様替えの参考にしてみてくださいね。

塩系のインテリアづくりとは?

塩系インテリアづくりのポイントとは、装飾性を抑えてモノトーンやシルバーといったクールな色合いを用いること。ウッディテイストを取り入れるのももちろんありですが、全体的にさっぱりした印象にまとめられるように気を付けることが大切です。黒はとてもよく使われるポイントカラー。こちらのお部屋は蘆田暢人建築設計事務所の手によるリノベーション物件。コンクリートとラフな木のテイストに黒いソファ、黒い壁が塩系のコーディネートです。自然の暖かさも取り入れつつ、さっぱり、が特徴的。

Photo: 繁田諭

ラフなインテリアで男前リビングに

無機質なテイストが中心に来る塩系インテリアでは、シンプルなデザインの家具がよく取り入れられます。こちらのリビングでは、明るい色のコンクリート、フローリングに濃い色のソファを合わせ、ミニマルな白いデザインテーブルでさっぱりとした印象にまとめられています。クールな中にさりげなく置かれた植物が、そっと自然のあたたかさを添えてくれていますね。広々とした空間に、必要な家具だけを配置してあるのでゆったりとした空間が楽しめそうです。

キッチンもモノトーンでクールに

一見殺風景にも見えるモノトーンのキッチンですが、塩系コーディネートとしてはあり。こちらのキッチンダイニングでは、建物の構造に白が用いられ、家具には装飾性のおさえた黒い家具が組み合わされています。黒はその素材によって見え方が変わってきますが、こちらではすべてマットな質感で統一されているため、主張しすぎることがありません。白の面積が多いため、重く感じさせないのも魅力です。色を取り合わせるときにはそれぞれの配色のバランスが大切ですね。

収納スペースにも装飾的要素を省いてシンプルに

生活感を感じさせないようにすることも、塩系インテリアを作るにあたりとても気を付けたいところ。とはいえ、物を持たずに生活はできませんよね。その場合には、棚もシンプルで機能的なものを選んでみましょう。もちろん配色も大切。モノクロで揃えるもよし、あまりごちゃごちゃとしないように心がけましょう。こちらはシステム収納棚。壁に取り付けるタイプで、モノトーンでコーディネートされています。箱やファイル、引き出しなども色をある程度揃えることでミニマルな印象になりますね。

ナチュラルテイストの部屋でもモノクロームの要素を取り入れて

ウッディテイストがベースとなった部屋でも、塩系インテリアにすることは可能です。こちらのリビングは、大部分が木でできていますが、どの家具もシンプルな形でまとめられているため、生活感を抑えてあまり飾り立てたりしなければ、塩っぽい印象に。壁沿いに設置されているソファが黒であることも、空間を引き締める役割を果たしてくれていて、シンプルでさっぱりとした男前インテリアになりそうですね。

白黒のバスルームでスタイリッシュに

生活感を出さないシステムバスルーム「ORIZZONTE/オリゾンテ」 OZ1620BW: 株式会社 和光製作所が手掛けた洗面所&風呂&トイレです。
株式会社 和光製作所

生活感を出さないシステムバスルーム「ORIZZONTE/オリゾンテ」 OZ1620BW

株式会社 和光製作所

家全体をクールにコーディネートしたい!という場合、やはりどんな小さな空間にもきちんと手を加えたいところ。こちらのお宅では、バスルームも男前なデザインになっています。お風呂場全体を暗い色にするのもありですが、こちらのように白をベースにして壁の一面を黒にすることで、空間を広く感じられつつも、ツートンカラーがスタイリッシュさを演出してくれますね。黒の上手な使い方がクールなインテリアづくりのポイントです。

手軽に始められそうなアイデア、見つかりましたか?ご意見ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!