久が原の家: ブライシュティフトが手掛けたダイニングです。

周りを建物に囲まれても住み心地の良い家「久が原の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

都会で居心地の良い家を建てるの簡単ではありません。隣の家が目の前に迫り、圧迫感を感じたり、プライバシーを守るため閉じた生活を送ることになるかもしれません。ですが都会の家で心地良い生活を諦める必要はないでしょう。多くの建築家は都会暮らしのあり方を考えた家を建てています。今回紹介したいのは建築事務所ブライシュティフトの手がけた「久が原の家」。それは条件の悪い土地であっても、心地良い生活を可能にしています。

旗竿地に建つ家

「久が原の家」は東京の住宅地に建てられました。家が建つのは「旗竿地」という呼ばれる土地。それは道路から離れており、細長い通路で道路と結ばれた土地のことです。簡単に言えば、それは四方を建物で囲まれた場所です。そこでは周りを見渡すことができず閉塞感が感じられるでしょう。そればかりでなく、周りの建物が風や光を遮ってしまうことさえあります。本住宅はこのような心地良さを生み出しにくい土地に建てられました。

ウッドデッキと坪庭が生み出す開放感

旗竿地に建てれた本住宅の特徴となるのは小さな坪庭。そこにはウッドデッキが設置されており、気軽に外へと出ることができます。また床とウッドデッキの高さは同じとなっており、中から見ると屋外の空間が建物の一部のように見えるでしょう。このような庭が感じさせるのは開放感。周りを建物に囲まれた家が閉ざされているわけでないため、外への広がりを感じさせてくれるでしょう。

広がりを感じさせる吹き抜け

ウッドデッキや坪庭で外との繋がりを生み出すように、室内でも幾つかの繋がりがあります。その1つが吹き抜けの空間。それは1階と2階が繋がる空間となっており、リビングルームに高さを生み出しています。またリングルームはキッチンやダイニングルームと壁で隔てられず、1つの空間になっているため、家の中でも広がりを感じさせてくれるでしょう。

明るく空気が澱まない家

旗竿地で問題となるのは、周りの建物が陽射しや風を遮ってしまい、家が暗くなったり、空気が澱んでしまうこと。ですが本住宅には天窓が取り付けられており、家の中に暖かな太陽の光が射し込みます。また大きな吹き抜けや部屋同士に繋がりを持たせた空間構成は、空気の流れをせき止めることはありません。ここでは明るく空気の澱まない生活が可能となっています。

周りを建物に囲まれても住み心地の良い家

本住宅が建つのは旗竿地。それは周りを建物に囲まれた厳しい立地となっています。ですが坪庭が開放感を感じさせ、そして吹き抜けや広がりを生み出してくれます。そればかりでなく天窓や家の中の空間の繋がりによって、明るく空気の澱まない生活さえも実現させてくれるのです。そのため旗竿地であっても、そこに建てられる家次第で心地良い生活は可能となります。本住宅は、そんな旗竿地に建てられた家の可能性を感じさせてくれるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!