DONUT: 株式会社リオタデザインが手掛けたリビングです。

プライバシーを守り、心地良い暮らしを可能にする家「DONUT」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

明るく開放的な住み心地の良い家を建てたい人は多いでしょう。ですが窓の大きい外の風景を眺められる家は、防犯やプライバシーを考える必要があります。特に住宅地では外から中が丸見えとなってしまい、それだけで居心地が悪くなってしまうでしょう。ですが防犯やプライバシーを考えた明るく開放的な家は不可能ではありません。株式会社リオタデザインでは、そんな問題を解決した素晴らしい家を実現させました。

プライバシーを完全に守る家

今回紹介する家が建てられたのは埼玉県ふじみ野市の住宅街。建てられた家は平屋建てで箱型の形をなっており、とてもシンプルな外観になっています。家を正面に見えるのは、玄関と壁の上にある2つの小さな窓。それ以外には目立つものほとんどありません。また外から中の様子を全く見ることができず、住人の生活のプライバシーは完全に守られていることが、わかるでしょう。

中庭のある家

家に付けられた名前は「DONUT」。その名前は建物の形から取られています。家にはドーナツのように真ん中に穴となる部分があり、そこには中庭が作られています。そんな中庭を囲むのが回廊のような形を持つ家の建物。そのため外から中庭の存在は全くわからないでしょう。

明るい室内空間

このような個性的な建物の中には木のフローリングや木の柱が見えます。それは木の素材が持つ暖かさを感じさせ、心地良い空間を演出してくれるでしょう。そんな空間をいっそう居心地の良いものにするのは太陽の光。中庭と家との間はガラス戸で仕切られており、暖かい光が室内へと射し込みます。また屋根が緩やかに中庭側へと傾いているため、自然の光を最大限に取り込むことができるのです。

開放感を感じさせる中庭

中庭には見えるのは、そこに植えられた木々。それは家の中であっても緑を感じさせてくれるでしょう。そんな自然を満喫させてくれるのは中庭に設置されたウッドデッキ。それは家の床の高さと同じで、ガラス戸を開けると、床とウッドデッキが一体化して、中庭がまるで建物の一部のように感じられます。そのため本住宅は閉ざされた家ではなく、中庭へと開かれた空間となり、開放感を得られるようになっているのです。

プライバシーを守ることと心地良い暮らしの両立

「DONUT」にあるのは、外から見られることのない庭。そこでは人目を気にすることなく、太陽の光を浴びたり、小さな自然を楽しんだりすることができます。もちろん中庭は室内へと光をもたらしてくれます。そして屋内空間と一体化することで、心地良い開放感を感じさせてくれるでしょう。このように本住宅は防犯やプライバシーについて対応しているにもかかわらず、心地良い暮らしを妨げることはありません。暮らしに必要な安全と心地良さを生み出して、素晴らしい生活を可能にしてくれるのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!