安中榛名の家: TAMAI ATELIERが手掛けたリビングです。

インテリアのヒントがいっぱい!自然素材にあふれる明るい家族の住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、木の優しい素材感が室内にあふれ心地良く住まえる2階建ての家です。壁や床にちょっとしたインテリアのアクセントも盛り込まれており、遊び心と快適さを兼ね備えたナチュラルでお洒落な住空間となっています。このプロジェクトを手掛けたのは、東京を拠点に活動するタマイアトリエです。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

シンプルでモダンな外観

緑豊かな周辺環境の中に建つ2階建てのこの住まい。周りには住宅が建っていますが隣接しているわけではなく距離感があり、ゆったりとした佇まいをしています。こちらは通りに面した住まいの外観ですが、1階部分の外壁は白、2階部分は黒が使われており、シンプルでモダンながらもメリハリのあるデザインです。

屋外を楽しめるテラス

先ほどとは反対に、大きな開口のある側から見た住まいの外観です。2階には眺めを楽しめるバルコニーが、1階には広々としたテラスが設けられており、日当たりのいい日は本当に気持ちが良さそうですね。特にテラスは縁側のように腰かけたり、部屋の一部のように利用したりと、外の雰囲気を楽しみながらくつろげるスペースとなっているのではないでしょうか。室内の明かりに照らされて、夜の住まいの表情も一味違った美しさを見せてくれていますね。

素材感が心地いいLDK

こちらは生活の中心となるLDKの様子。格子のドアの向こうに見えるのが玄関ホール、その横には小上がりとなった畳敷きの和室が設けられています。和室は角部分を利用して大きめに窓が設けられており、視覚的な奥行きと明るさが感じられそうですね。室内は、木の風合いや自然の素材感が肌で感じられる優しい雰囲気に包まれているのが特徴的。階段部分のグリーンの壁がインテリアのアクセントとなって、遊び心も感じられる住空間となっているようです。

お洒落なタイルの敷かれたキッチン

こちらはリビングからキッチン方向をのぞんだ様子です。オープン型の広々としたキッチンは、1階空間全体やテラス、庭部分まで見渡せる作りとなっているので、料理中キッチンに立っていても家族の様子が良く分かり、お母さまも安心ですね。キッチンスペースは床を木のフローリングではなくタイル敷きとして、リビングとは空間を区切っていることもポイント。お洒落な色合いでインテリアとしても素敵ですね。大開口に面している他、天窓も設置されているので明るくなっているのも特徴です。

気配の伝わる階段

こちらは階段部分の様子。天井は開放感のある吹き抜けとなっており、この吹き抜けに面する2階の部屋に開口を設けることで、2階にいても1階の気配が階段を通じて伝わるようになっているようです。一方がグリーンもう一方は白となった壁は、インテリアとしてお洒落であるのと同時に、色に変化が付いたことで「壁が迫っている」という視覚的な圧迫感を軽くしているように見えますね。空間の雰囲気がガラリと変わり、毎日の階段の上り下りの際の足取りも思わず軽くなりそうです。

グリーンの引き戸がアクセントの個室

階段の壁のグリーンを引き継いで引き戸に同じ明るいグリーンが使われている2階の個室。正面に見える横長の小さな開口は、先ほどの階段吹き抜け部分につながります。部屋の天井は屋根の形を生かしてゆるやかに勾配し、リズムよく天井に並んだ梁があらわしとなって空間にアクセントを与えています。バルコニーからは開放感のある眺めが楽しめそうですね。

インテリアにも注目したい自然素材の優しい家について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!