高層建築の住まい?それとも低層マンション住まい?
Planquadrat   Elfers Geskes Krämerが手掛けたオフィスビル

高層建築の住まい?それとも低層マンション住まい?

高層建築の住まい?それとも低層マンション住まい?

A. Imamura A. Imamura
A. Imamura A. Imamura
Loading admin actions …

マンション購入時には「高層建築」と「低層マンション」のポイントは、重要な選択肢のポイントとなります。特にタワーマンションと低層マンションではその生活スタイルや住環境が大きく異なるため、自分にとってどちらが合うかを見定めることが大切です。今回は、高層建築マンションと低層マンションの異なるメリットをご紹介していきます。

高層建築から望む特別な景観

一般的に6階以上あるものを高層建築と呼びます。高さは凡そ31m以上といわれ、特に高いものはタワーマンションなどとも呼ばれます。やはり高層建築に住む際の一番の魅力は、窓からの景色ではないでしょうか。こちらはプロスパーデザインが手がけるリゾートマンションからの景観です。窓の外に遮るものがなく、空や街全体をすっきりと見渡せる景観が住まいの一部となるのは非常に素敵です。日当たりも抜群に良く、大きな開口部をつくることでよりリビングが明るく、また夜には美しいライトが照らし出す街の夜景をロマンチックに眺めることもできます。

明るい室内

や高層建築は周囲に視界を遮る建物がないため、近隣に除かれることを心配したり、プライバシーを気にしてカーテンを付ける必要もなく、美しい景観と共に明るい抜群の採光を得ることができます。また、超高層では方角による採光のデメリットが解消され北向きでも明るく柔らかい日差しを得ることができます。テラスなどがあると、より一層美しい景観と日差しを楽しむことができますね。

こちらの記事では「美しいテラスを持つ家」を紹介しています。

立地の利便性

高層建築は都心に建ち、街のラウンドマークとしても機能します。高層建築の立地の多くは都心が多いです。特に繁華街などは、託児所やクリニック、24時間営業しているスーパーやコンビニエンスストアなども近隣にあり、非常に利便性が良いと言えるでしょう。また、高層建築では建築内に商業施設や文化施設などが含まれることが多く、生活利便施設が非常に整った快適な住環境と言えます。

低層マンションの静かな立地環境

一方、低層マンションは、その静かな立地環境が人気の一つです。高層建築に比べると閑静な住宅街などに建てられることが多く、公園や緑豊かな環境からファミリー向けの物件も多く用意されています。住宅街に建てられる一般施設は限られており、工場や大型店舗などの商業施設は建てられません。周囲には自然や公園、公共施設などが多く、子供から高齢者までゆっくりと生活できる住環境と言えます。

近隣との心地よい距離感

こちらは7戸の住宅で構成されるコーポラティブハウス。小規模な集合住宅は適度な距離感を保ち、それぞれのライフスタイルを尊重しながらも互いの生活や共有空間を共有することで近隣とのコミュニケーションがスムーズになります。住人同士が顔見知りになり良好なコミュニティが形成される住環境が自然に生まれることで、防犯やセキュリティの向上にも繋がり、より安心して生活を送ることができます。

撮影 鈴木研一

低層マンションは災害時に安心

タワーマンションのようにエレベーターがない低層マンションは、階段で下りることができるため日常的な外出も一戸建て感覚で気軽にでき、外出時のストレスが少なくすみます。また震災時でも階段での移動が容易な点はメリットと言えるでしょう。同時にその立地環境から災害時に避難所として指定される公園や学校が近隣にあるという点でも安心感がありますね。

異なる住環境メリットは参考になりましたか?是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!