土間リビングの家: FCDが手掛けた廊下 & 玄関です。

玄関の造りが独特!こだわりの家5軒

Y.F Y.F
Loading admin actions …

玄関は私たちが外出する時に最後に出て行き、外から帰ってくる際には最初に入る空間です。そしてゲストを招き入れる場所でもあるため、家の中で最もパブリック性の高い場所と言えます。ゲストが訪れた際は玄関の第一印象によりその家の印象が決まってしまうこともあるので、できるだけ明るくきれいに保っておきたい場所ですよね。そのために扉や窓、間取りなどこだわりたいポイントは多数あります。今回は玄関の造りにこだわった家を5軒ご紹介します。

1、吹き抜けと土間の玄関

ALTS DESIGN OFFICEが手がけたのは、環境をテーマに開発が行われた「小舟木エコ村」という土地で、自然と共に生きるということをコンセプトに建てられたこちらの住宅です。室内と外が緩やかに繋がっているような造りで、常に森を感じることのできる空間の中で、毎日自然を感じ、そして四季を楽しみながら穏やかな気持ちで暮らすことができそうです。吹き抜けで明るく広々とした玄関は土間の造りになっており、随所に設置された植栽と白い砂利の演出によりまるでお庭のような空間が広がっています。こちらの住宅は「自然が気持ちいい、森を感じる住まい「Kofunaki-House」」で詳しく紹介されています。

2、中庭を活かした玄関

ARBOLが手がけたのは、都心に暮らす定年後のご夫婦のために建てられたこちらの平屋住宅です。周辺の公園やマンションからの視線に配慮しつつ、必要な部屋のみを残し極力シンプルな構造で多くの自然や光を取り込んだ開放的な住まいが完成しました。玄関を入るとすぐ植栽が設置された中庭が目に入ります。そこから差し込む柔らかな光と、季節によって表情を変える植物の様子から都心に生活しながらも毎日四季の移り変わりを感じることができます。こちらの住宅は「心地良い都会の生活を可能にする家「西三国の家」」で詳しく紹介されています。

3、リビング兼土間の玄関

FCDが手がけたのは若いご夫婦と二人の子供たちのために建てられた広い土間の玄関のあるこちらの住宅です。 LDKとひと繋がりになった広い土間は、縁側のように内外の境界を曖昧にし、まるで半屋外的なリビングのような役割を果たしています。そしてこの広い土間の存在により、四季の移ろいや人を積極的に招き入れるコミュニケーションの場所がつくり出されています。こちらの住宅は「繋がりと広がりを持つ家「土間リビングの家」」で詳しく紹介されています。

4、空間の繋がりを生み出す玄関

菰田建築設計事務所が手がけたのは、室内にバルコニーが設けられたこちらの住宅です。2階のリビングスペースに設置されたルーバー式のインナーバルコニーは光や風を感じながらゆったり過ごすためのものだけではなく、階下の玄関から続く土間に柔らかな光を注ぎ込み明るく開放的な空間を作りだしています。土間玄関の横にはユーテリティスペースが設けられ、作業をしたり子供のプレイルームとして使用したりと使い道は様々です。こちらの住宅は「室内にバルコニーを持つ住宅「太田窪の家」」で詳しく紹介されています。

5、3世帯の繋がりを感じられる玄関

MA設計室が手がけたのは、二世帯+祖母の合計3世帯が暮らすための住宅です。リビング、ダイニング、キッチン、浴室はそれぞれ別に設けられており、玄関は3世帯で共有している大切な場所となっています。それぞれが自由に使えて、束縛されない空間、そして繋がりを感じることができる心地よい住まいが実現しています。こちらの住宅は「つながりの空間が心地良さを生む!三世帯が幸せに暮らす住まい」で詳しく紹介されています。

玄関のこだわりはライフスタイルによって様々ですね。ぜひコメントをお寄せください。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!