読書家のあなたへ、ホームライブラリのアイデア

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

デジタルの時代を迎えようと、電子書籍が普及しようと、まだまだ”紙”の本は失われていません。紙にインクで印刷されたページ、それが持つ質感や手触り、匂いといったものは文字情報だけでなく、様々な情感を手に取った人間に思い起こさます。それがデジタルには決して再現することのできない”紙”の本の良さですよね。心を揺さぶった本、思い出が詰まった本、父母から受け継いだ本… 捨てたくない本が増え続けて埋もれそう!という本を愛するあなたへ送る、ホームライブラリのアイデア6点です!

大迫力の全面本棚

House in  Nanakuma: MOVEDESIGNが手掛けた廊下 & 玄関です。
MOVEDESIGN

House in Nanakuma

MOVEDESIGN

福岡県を拠点に活動するMOVEDESIGNが手掛けたこちらの住宅は、壁一面を全面本としました。壁一面といってもそこは吹き抜け部なので迫力満点。もはや一般住居ではなく本物の図書館のようです。設置された階段は壁から薄い板が伸びたようなデザインで天窓からの光を遮らず、下の階まで燦々と日光が降り注いでいます。座り心地の良い椅子とテーブルを置いたらここは最高のプライベート図書室と言えますね。反対側に位置するのはダイニングルーム。

大容量といったらこれ

Fables de mursが手掛けた書斎
Fables de murs

Bibliothèque / Bureau

Fables de murs

とにかく本の量が多い、という方にはこちらの本棚をどうぞ。L字型になっており、部屋のコーナーなどに合わせて使います。大容量の収納力に加え、角部分にはお気に入りのアイテムを飾ったり、パソコンデスクとして使えるスペースがあったりと様々な使い方が出来ます。リズミカルなデザインなので部屋のアクセントとしても。すっきり見せたい時は棚の大きさぴったりのボックスを使用してもいいですね。

シンメトリーデザイン

Yeme + Saunierが手掛けたリビング
Yeme + Saunier

Salon + bibliothèque sur mesure

Yeme + Saunier

リビングルームに本棚を設置したいとき、そしてそこがクラシックスタイルのお部屋の場合、本棚はシンメトリーになるよう気を付けて配置しましょう。この写真のように暖炉や大きな鏡など、お部屋のメインピースとなるものを中心にして、左右対称に棚を設置すると調和のとれたエレガントな印象を壊さず収納をプラスできます。

階段のその先に

リビングルームやベッドルームにはもう本棚を置けないという状況のあなたには、階段を上がった先のスペースに設置するのがおすすめ。見落としがちですがここには意外にまだ余裕があるものです。通常の本棚よりも厚みが薄いものを選べば省スペースで圧迫感もありません。もしお持ちの本がほとんど文庫本だというならその厚みに合わせても良いと思います。本だけでなく、アーティストの写真や思い出のアイテム、お花を飾ったら、訪れたゲストも喜ぶあなたらしいおもてなしギャラリーになりますよ!

極薄プレートでミニマルな本棚

TEEbooksが手掛けた家庭用品
TEEbooks

Set de 5 étagères murales TEEbooks

TEEbooks

棚の印象を可能な限り削った、こんな極薄のプレートを使用したものなら本が宙に浮いているような不思議でミニマルなお部屋にすることができます。ステンレスなど金属製で薄くても耐久性のあるものがお勧めです。ジャンルではなく色ごとに本を分けて収納すればさらにすっきり。

デッドスペースを有効利用

Yeme + Saunierが手掛けた廊下 & 玄関
Yeme + Saunier

Détail escalier

Yeme + Saunier

最後は階段脇のこんなデッドスペースも利用してしまいましょう。よくよく見てみるとどんなお宅にもデッドスペースはあるはずです。もう一度よ〜く室内を観察してみましょう!

ホームライブラリのアイデアについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!