家族を守り自然を取り入れる木製ルーバーのある家

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

白砂孝洋建築設計事務所が手掛けた”入間の家”は「大きな木の下で生活するような、プリミティブな快適性を目指した環境住宅」だそう。木の下で生活、と言ってもツリーハウスの類いではありません!どんな住宅なのでしょうか、さっそく見ていきましょう。

外観

ガルバリウム鋼板の頑丈で強いイメージと、木製ルーバーによる木の温かみと穏やかさがミックスされた外観です。敷地を囲む木製ルーバーは周囲からの視線を適度に遮り家族のプライバシーを守り、防犯対策にもなります。高さがありますが、コンクリートの壁などとは違い、抜け感があるため圧迫感や威圧感を感じさせません。ガルバリウム鋼板のみの外観と、この木製ルーバーのある外観では大きな印象の違いをもたらします。

エントランス

こちらは玄関へと続くエントランスポーチです。ぐるりと囲まれた木製ルーバーに沿って歩いていくのは、どこか伝統的な縦格子のある京都の街並を思い起こさせます。このルーバーが暑い夏は日陰を作りつつ涼しい風を通し、寒い冬は強い風を遮るという温度調整効果で、外部だけでなく快適な室内環境作りにも影響を及ぼしています。

土間

玄関を入るとまず広々とした土間がゲストを出迎えます。昨今、伝統的スタイルの土間の良さが見直され、現代流にアレンジした方法で住宅デザインに取り入れる人が増えています。こちらは土間とLDKの境界をガラスの壁で仕切っています。シンプルモダンなインテリアと土間が違和感無く馴染み、広がりのある広々とした空間を作り出しています。ここでも木製ルーバーがアクセントとして一役買っています。

LDK

LDKは庭に面した大きな開口部から自然光がたっぷり降り注ぐ明るく気持ちのいい空間です。開口部は収納式の建具によって、このように全開にすることが可能。木製ルーバーが視線は遮りつつも周囲の風景を取り込み、自然を感じられる穏やかな室内環境を作り出しています。吹抜けと階段が上部への広がりを作り、垂直、水平方向両方で伸びやかさを感じられるLDKとなっています。ダークウッドの豊かな質感を持つフローリングも魅力的で、大人らしい落ち着きのある雰囲気を作っています。

シンプルでモダンなデザイン

こちらは庭側から吹抜けの一階部分を眺めたアングルです。木材を豊富に使用した温かみと落ち着きのあるインテリア、シンプルでモダンなデザイン、そして立体的な空間の使い方が魅力的です。効果的に配置された間接照明も空間をさらに立体的に見せ、室内を美しく演出しています。階段下のスペースはデスクと椅子を二脚並べた書斎スペースになっています。さらに床から一段上げたレベルから階段を設置することで、その一段分を収納に利用するという嬉しいアイデアも。この段差はベンチ代わりにもなり、ゲストがたくさん集まった際にも便利。

​二階

二階は屋根の形状をそのまま生かした天井がダイナミックな空間を作り出しています。たくさんの開口部とガラスによって開放的に外部に開かれていた一階部分とは反対に、こちらの二階は少しだけ閉じられた印象です。それは時に強過ぎる直射日光を遮り、メインの居住スペースである一階LDKへ柔らかい光を届け、快適な室内温度を保つという役割があるため。しかし白で統一された天井と床は光を反射して二階全体を十分に明るく保ち、また、明るい色味のフローリングが優しい印象を作って、リラックス感のある居心地の良い空間となっています。

機能的な木製ルーバーによって快適な室内を実現した住宅でした。ぜひあなたの感想を教えて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!